「半沢直樹」続編の可能性は?監督が言及<東京ドラマアウォード2021>

【モデルプレス=2021/10/27】27日、都内にて「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2021」のメインイベントである「東京ドラマアウォード2021」授賞式が行われ、『半沢直樹』(TBS)が作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞を受賞。福澤克雄監督が登壇し、続編の可能性に言及した。

福澤監督は、コロナ禍での撮影を振り返り、本番前のテストもほとんどなしにしたと回顧。今後の続編の可能性について聞かれると「頑張って作っていきたい」と意欲を見せた。

また「できたら半沢直樹が頭取になるくらいまではやってみたいなぁと思っております」と構想も明かし、「続けられるなら続けていきたい」と笑顔で語っていた。

◆「東京ドラマアウォード2021」

今年で14回目となる「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰している。

今年の作品賞<連続ドラマ部門>グランプリは『俺の家の話』(TBS)。主演男優賞は『エール』(NHK)の窪田正孝、主演女優賞は『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS)の綾瀬はるか、助演男優賞・助演女優賞は『俺の家の話』(TBS)の西田敏行、江口のりこが受賞した。

『天国と地獄~サイコな2人~』のほか、『コントが始まる』(日本テレビ)『MIU404』(TBS)『半沢直樹』(TBS)『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ)『華麗なる一族』(WOWOW)が作品賞優秀賞に。『俺の家の話』が作品賞グランプリ、助演男優&女優賞、『大豆田とわ子と三人の元夫』が作品賞優秀賞、主題歌賞、脚本賞を獲得し、3冠となった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/27 19:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます