ダノンファラオ、JBCクラシック追い切り速報/栗東トレセンニュース

拡大画像を見る

 11月3日(祝・水)に金沢競馬場、ダート2100mで行われるJBCクラシック。ここに出走予定のダノンファラオ(栗東・矢作芳人厩舎)が今朝27日、レースに向けた追い切りを行っている。

 2回目のハローが終了した直後のCWへ坂井瑠星騎手(レースは横山武史騎手が騎乗予定)を背に正面から入場。先週はコントレイルを相手に先導したが、今回は3頭併せの一番後ろ。

 向正面、6F標識の地点で先頭ラインオブダンスとの差は1秒以上。しかも、先頭はかなり速いペースでラップを刻んでいくので、その差はなかなか詰まることがない。しかもハロー明けということで他厩舎の追い切りもあり、3コーナーでは競馬のような密集具合だった。

 そこを内から前2頭に並んでいき、ラスト1F標識手前で半馬身ほど抜け出すと、そのまま先着してゴール。前走のCWではゴール前に余力ない動きというイメージだったが、今回は余力十分。それでいて、時計は6F78.1〜5F63.9〜4F50.3〜3F37.5〜1F12.5秒だから、型通り、ひと叩きして良化してきた印象を受ける。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 10/27 12:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます