【YJS船橋】勝利した池谷匠翔騎手・篠谷葵騎手のコメント

拡大画像を見る

 26日、「ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド船橋」が船橋競馬場で行われた。

 第7Rの第1戦(3歳上選抜馬、ダ1700m、1着賞金160万円)では、道中中団でレースを進めた池谷匠翔騎手騎乗の8番人気ピレニーズキング(牡6、船橋・稲益貴弘厩舎)が直線外から鋭く伸びて、内で粘る1番人気サトノサンドピット(牡4、船橋・川島正一厩舎)に1.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分51秒0(不良)。

 第9Rの第2戦(3歳上選定馬、ダ1800m、1着賞金180万円)では、道中3番手を追走した篠谷葵騎手騎乗の1番人気キトゥンズルンバ(セ3、船橋・出川克己厩舎)が、3〜4コーナーで前に並びかけて直線あっという間に後続を突き放し、4コーナー先頭から直線もよく粘った12番人気のネクストスクワッド(牡5、船橋・岡林光浩厩舎)に3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分56秒4(不良)。

【池谷匠翔騎手】
「ズブい馬と聞いていたので、なるべく馬を動かして行って、3〜4コーナーから脚を溜めていって、最後の直線勝負というイメージでいきました」

(浦和の最終戦への意気込みを)
「少しでも着を上げていって、またファイナルまで行けるよう頑張ります」

【篠谷葵騎手】
「手応えは良かったです。自信を持って乗れました。去年(のYJS)は怪我とかもあって全然乗れなかったので、楽しく乗ろうと思っていました」

(地方東日本でトップになりました。ファイナルに向けての意気込みを。)
「頑張ります!」

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

関連リンク

  • 10/27 11:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます