藤井アナ、眞子さま結婚会見に「多くの方がもしかすると」 続く言葉に反響

拡大画像を見る

日本中が注目した、小室圭さんと秋篠宮ご夫妻の長女である眞子さまの結婚会見。

2021年10月26日に開かれた同会見では、眞子さまの体調を考慮し、質疑応答の手順を省く形で行われました。

小室圭さん・眞子さま、会見で明かした結婚への思い【全文】

同日放送の情報番組『news every.』(日本テレビ系)では、2人の結婚会見を解説を交えて特集。

番組MCを務める同局の藤井貴彦アナウンサーは、「緊張感が、見ているほうにもうつってきました」とコメントし、さらにネットの誹謗中傷に対しても持論を展開しました。

誹謗中傷の危険性について何度も訴えてきた藤井アナ

宮内記者会と日本雑誌協会、そして日本外国特派員協会が事前に提出した質問に対する回答文書内で、今後の一番の不安点をあげていた眞子さま。

そこには、眞子さまご自身の家族、小室さんや小室さんの家族に対する誹謗中傷が続くのではないかという不安が記されていました。

藤井アナは、眞子さまが明かした不安に対して視聴者に呼びかけを行うとともに、改めて祝福のコメントを送っています。

多くの方が、もしかすると心の中に『ご批判』の思いを持っていらっしゃるかもしれないんですけども、みなさんの大切な言葉をSNS上で浪費することがないようにと願っています。

まずは眞子さん、誕生日とご結婚と、これからの未来、本当にいいものになるようにと願っております。おめでとうございます。

news every. ーより引用

2人の会見映像を見て、「もうこの後は、2人の問題になっているんじゃないかと思います」とも語っていた、藤井アナ。

これまでにも、誹謗中傷や言葉の暴力の危険性について、番組を通じてたびたび訴えてきた藤井アナの言葉は多くの視聴者の共感を呼んでいます。

・本当にその通り。眞子さまに限らず、相手が誰であっても誹謗中傷はしていいものではない。

・相手の心に寄り添える藤井アナ、素敵です。

・的確に、それでいてやんわりと指摘する藤井アナの言葉は、心に響く。

藤井アナがいうように、言葉とは本来大切なもののはずです。言葉1つで、相手を傷付けることも、逆に幸せにすることもできます。

眞子さまや小室さんに限らず、人の言葉で理不尽に傷付けられることがない世の中になることを、多くの人が願っていることでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 news every.

関連リンク

  • 10/27 15:58
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます