車に何が起きたの… 道路上の落下物に「いろんな意味で怖い」「目を疑った」

拡大画像を見る

車の運転中は、事故に遭わないよう目の前に注意する必要があります。

ギャラドス(@koiking5555)さんは走行中、あるものが目の前に落ちているのを目撃。

その正体をめぐり、ギャラドスさんはモヤモヤしたとか。一体何があったのかというと…。

お分かりいただけたでしょうか…。

道路に落ちていたのは、ナンバープレートが付いた『バンパー』と呼ばれる車の部品だったのです!

しかも、走行とは逆方向で置かれているこのバンパー。どういった状況で落ちたのか、ただただ謎が残りますね。

ギャラドスさんが目撃した状況に、「いろんな意味で怖いですね」「目を疑った…。車の幽霊みたいなものかと思いました」と多くの人が驚いた様子。

道路上でこのように落下物を見つけた場合、国土交通省の『道路緊急ダイヤル』に電話をしてみましょう。

『#9910』に掛けると、電話を受けた担当者が直接、道路の管理者に緊急通報して、安全確保に向けた対応をうながしてくれます。

受け付けは24時間。走行中に落下物を目撃した際には、ここに電話をすることで、少しでも多くの事故を防ぎたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @koiking5555国土交通省

関連リンク

  • 10/27 16:04
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます