幼児向け自転車「little tokyobike」のホリデーシーズン向け特別仕様が登場


東京を楽しく走るためにデザインされ日本を始め世界でも展開する「tokyobike」から、幼児向け自転車「little tokyobike」のホリデーシーズン向けパッケージ「【Holiday Package】little tokyobike ~Matt edition~」が登場。11月26日(金)に発売、10月29日(金)から予約注文を受け付ける。

コンセプトは“TOKYO SLOW”

「tokyobike」を製造・販売するトーキョーバイクは、1997年に創業し、2002年より自転車の製造販売を開始。街を楽しむプロフェッショナルとして、速く走ることや移動することを目的とするのではなく、日常にささやかな変化を加えるためのツールとしての自転車を提供している。のびのびとそれぞれのペースで人生を謳歌する人たちが集い、東京でありながらのんびりした時間が流れる街・谷中でスタートし、“TOKYO SLOW”というコンセプトを世界へ発信してきた。

2013年からは子ども用自転車も発売、現在は2歳から乗れるキックバイク「tokyobike paddle」、幼児向け自転車「little tokyobike」、小学校低学年向け自転車「TOKYOBIKE Jr. Comfy」、「TOKYOBIKE Jr.Step」の計4モデルを展開している。

「little tokyobike」は、子どもの小さな手でも握りやすい細身のグリップ、親が持ち運びしやすい持ち手が付いたフレームなど、今までありそうでなかったアイデアがたくさん詰まった、3歳から乗れる幼児向け自転車だ。

初のマットカラーにバスケットと泥除け付き


その「little tokyobike」に、上質で品のある印象のマットカラー3色が2022年春より仲間入りする。


来春の発売に先立ち、新色のマットカラー3色に天然素材のキッズバスケットと同色泥除けが付いた特別仕様車を「【Holiday Package】little tokyobike ~Matt edition~」¥39,600(税込)として発売する。


マットカラーと相性の良い柳で編まれたキッズバスケットは、本革のベルトで簡単に取り外しが可能。スカートやワンピースで自転車に乗る子どもから人気の高い泥除けも付いているため、雨あがりの道を走るときも安心だ。


カラーは、ブルーグレー、


アイボリー、


ベージュレッドの3色。


サイズは16インチで、適応身長は95〜115cm。地面からの座面の高さは49〜62cmまで調節可能。

なお、キッズバスケットは、10月29日(金)から全国の取扱店とTokyobike Shopおよび「tokyobike」公式オンラインストアにて単品でも発売する。

大切な子どもへのプレゼントとして、マットカラーの「little tokyobike」を検討してみては。

画像をもっと見る

  • 10/27 15:36
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます