引きこもり歴35年、9060問題…日曜深夜『NHKドキュメント』の破壊力とネットの反応

 日曜深夜に放送されている硬派なドキュメンタリー番組『NNNドキュメント』(日本テレビ系)が、35年にわたって引きこもり生活を続ける女性をピックアップ。ネットには、真夜中にも関わらず数千件の書き込みが殺到して話題をさらった。

「番組の主人公は、35年にわたって引きこもり生活を続ける54歳の女性です。『昔から人と話すのが苦手だった』という彼女は、一度は働きに出たものの、すぐに辞めさせられてしまい、そのまま引きこもり状態に。1日中、スマホを見て過ごしています。同居しているのは90代の父親で、頼りになるのは月18万円の父の年金だけ。しかも家には60代の長兄もいて、こちらも引きこもりです」(テレビ情報誌記者)

 高齢の親が中高年の引きこもりの面倒を見る「8050問題」が深刻化する中、番組に登場した家庭は90代が60代の面倒見ており、番組の副題も「9060家族」と記された。自身は大手メーカーで働いたという父親は、とことんシビアだった。

「父親は現状にくたびれており、番組では『こっちが面倒を見てもらう年』『いざとなれば(子どもは)殺す以外ない』『しょうがない子どもをつくっちゃった』と、激しい発言が立て続けに飛び出しました。しかし番組が密着中のある日、その父親がポックリと亡くなってしまい、遺品を整理していると、『息子と娘は1人で生きていけないので連れていきます』という走り書きが見つかったのです」(同)

 番組が放送されたのは日曜日の深夜25時。翌日から仕事や学校が始まるタイミングとしてはあまりにヘビーな内容だが、多くの視聴者はチャンネルを変えられなかったようだ。

「日曜の夜はネットの書き込みが1週間でもっとも落ち着く時間帯ですが、5ちゃんねるの実況スレッドは異常なスピードで進み、1時間で書き込み数は7000件に達しました。5ちゃんねるのユーザーは少しずつ平均年齢が上がっており、コアユーザーは40代以上。身につまされた人も少なくなかったものと思われます」(ネットニュース編集者)

 書き込みをチェックすると、

「キツすぎる」
「ホラー映画より怖いんだけど」
「どんよりしすぎて気持ち悪くなってくる」

と、番組に引き込まれしまう人がいう一方で、

「この人自分の状況と似てるわ…」
「俺もさっきの長男みたいに歳だけとってしまう」
「なんか自分の未来を見ているようで胸が痛む」

 など、当事者もしくは予備軍と思しき書き込みも含まれていたようだ。テレビ関係者は語る。

「硬派のドキュメンタリー番組というと、『NHKスペシャル』やフジテレビの『ザ・ノンフィクション』が有名ですが、『NNNドキュメント』は時間が深いこともあって、取り上げるテーマもディープ。なかなか陽が当てられない障害者問題、忘れ去られつつある戦争問題、時事ニュースとして消費されがちな天災のニュース、テレビではなかなか扱いにくいエネルギーや核など、腰の座った本格派の特集ばかりです。

 今回の放送はネットで大きな話題になり、『こういう番組こそゴールデンでやってほしい』という声も上がっています。みんなで楽しめるバラエティ番組も大事ですが、深夜でもこれだけ話題になったのは、関心がある視聴者がそれだけ多いということ。こういう番組を積極的にゴールデンでやることで、テレビの在り方も変わっていくと思うのですが……」(テレビ関係者)

 臭いものにフタをするだけでは未来は明るくならない。たとえ深夜でも、こういう番組が放送されたことで、議論が進むきっかけになったと前向きに捉えるべきなのだろうか。

  • 10/27 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ねこまた

    10/28 1:51

    そういう人らをやがては生活保護で支えねばならんと思うと… 嫌な事我慢し続けてギリギリの小金を貯めて、将来生活保護より安い金額で日々生きて行かねばならんだろう自分の未来が憐れで仕方ねーわ…

記事の無断転載を禁じます