電子マネー「nanaco」が「Apple Pay」対応 いつでもチャージ可能で利便性高まる

拡大画像を見る

電子マネー「nanaco」が、iPhoneやApple Watchの決済サービス「Apple Pay」で利用可能になった。2021年10月21日から対応している。

これまでも各店舗で発行できる「nanacoカード」に加え、スマートフォンで決済できる「nanacoモバイル」アプリが存在してきたが、こちらは「Android」搭載機種向けのもの。今回のApple Pay対応でより利便性が高まった。

Apple Payならセキュリティーも安心

nanacoは、セブン&アイ・ホールディングスのグループ店舗や、グループ外の加盟店での支払いに利用でき、対応店舗やATMなどでチャージ(入金)して使う。基本的には200円の買い物で「nanacoポイント」1ポイントが貯まり、1ポイントは1円として店頭などで電子マネーに交換できる。

nanacoを展開するセブン・カードサービスは10月21日に今回の対応について発表会を実施した。電子マネー事業本部長・神谷智行氏の説明によれば、Apple Payでの利用にはユーザーにとって複数のメリットが存在するという。

まず、実際にセブン-イレブンやイトーヨーカドーといった対応店に行かなくても、nanacoを新規発行できること。手数料は無料で、nanacoアプリから入会できる。すでに虹色デザインの「nanacoカード」を持っている人も、利用中の残高やポイントをiPhone・Apple Watchに移行できる。

次にJCB、MasterCard、アメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードなどでいつでもチャージ(入金)できる点を挙げた。また、チャージ残高もすぐに確認できるほか、ポイントの電子マネーへの交換もnanacoアプリ上でいつでも可能だ。

Apple Payでnanacoを使用するには、顔認証・指紋認証による生体認証が必要なため、端末紛失時にも不正利用のリスクが低いというメリットもあると話した。

さらなる会員増めざす

発表の中で、セブン・カードサービス代表取締役社長・水落辰也氏はApple Pay対応の背景を語った。新型コロナウイルスの影響により、非接触で決済できるという安心感からキャッシュレス決済が普及し、nanacoの利用者も増加。21年8月末時点で会員数は約7400万人、加盟店数は約80万店になった。20年1月時点と比べ、会員は約7%、加盟店は約28%増えたという。

利用者の増加に伴い、「Apple Payでも(nanacoが)使えるようになってほしい」という声が多く寄せられるようになったため、今回の対応になった。「Apple Payの対応も含めた複合的な施策を行うことで今後さらに会員数を増やしていきたい」という。

また神谷氏によると、グループが運営するECサイトでも、Apple Payを使ったnanacoでの決済対応を、順次拡大していきたいとのことだ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/27 13:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます