V6森田剛、最後の『学校へ行こう!』で残した「ラストメッセージ」―6年前の「岡田准一への想い」との泣けるシンクロ!!

拡大画像を見る

 11月1日をもって解散するV6にとって、最後のテレビ出演となる番組『学校へ行こう!2021』(TBS系)が10月26日に放送された。

 同番組は、1997年10月から、途中タイトルを『学校へ行こう!MAX』に改題して2008年9月まで放送されたV6を代表するバラエティ番組。

 特番では2015年11月以来2度目の復活となった今回は、V6メンバー6人の旅企画をはじめ、V6が生徒の話を聞いて実際に現地に行って悩みと向き合う『聞いてよV6』、番組名物となっていた『未成年の主張』といった、数々の名コーナーが復活。さらにスタジオには紗栄子(34)、渡辺満里奈(50)、夏帆(30)ら往年のメンバーが集結し、『未成年の主張』では番組MCとして活躍したみのもんた(77)も姿を見せた。

「3時間生放送された番組の最後には、坂本昌行(50)、長野博(49)、井ノ原快彦(45)、三宅健(42)、森田剛(42)、岡田准一(40)が1人ずつ視聴者に向けてメッセージを発信しました。

 この最後のスピーチで森田は、“この先いろんなことがあると思いますが、笑っていきたいと思いますし、みなさんにも笑っていてほしいなと思いました”と話しました」(テレビ誌ライター)

 11月1日、V6の解散と同時にジャニーズ事務所からも退所する森田の感動的なメッセージ。実は、今回の森田のスピーチの中にあった「笑っていてほしいな」の一言は、以前にも彼がメンバーにかけていた言葉だという。

「2015年8月に放送されたNHKの音楽番組『SONGS』にV6が出演した際、森田は岡田に向けての想いを語りました。

 それは、“岡田が背負っているものは想像できないから大変だなと思うけど、(V6の)皆で集まっているときぐらいは何も考えず笑っていてほしい”というものでした。森田の熱い想いに岡田は、“剛くんからそんな言葉が聞けるなんて泣けるよ、今日は泣けるよ”と言葉をつまらせながら反応していましたね」(女性誌記者)

■森田のメッセージに反響続々!「涙出てきた」……

 今回の森田のスピーチに対し視聴者からは、「剛くんの『笑っていてほしい』は、泣けるぜ」「剛くんのずっと笑っていてほしいっていうメッセージ痛いほど伝わってきた」「笑っていてほしいっていう剛くんの言葉重いよ」「剛くんに笑っていてほしいって言われた瞬間ダーッて涙出てきた」といった声が、多数ネットにも寄せられていた。

「今回の森田の言葉“笑っていてほしい”はV6を象徴する言葉だったのかもしれません。

 V6は、10月25日に放送された『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS系)に出演しました。彼らにとって最後の音楽番組出演とあってか、番組の冒頭ではBGMがなく、しっとりとした照明がセッティングされて、スタジオは非常に神妙な雰囲気になっていたんです。

 そんな状況の中、いきなり井ノ原が“ヘイヘイヘーイ! みなさーん、こんばんわ~!”とおどけて挨拶をしたんです。明らかに場違いなハイテンションの挨拶で井ノ原はスベってしまったのですが、重い雰囲気を打破したいとの思いから井ノ原はやったのでは、と言われています。

 そしてそこにも、今回の『学校へ行こう』の最後で森田が話した言葉“笑っていてほしい”につながる精神があったのではと。V6はしんみりなどせず、いつも笑顔でファンや視聴者を楽しませる――そんなV6を象徴する言葉を、森田は最後に発信してくれたのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 グループ解散とともにジャニーズ事務所を去る森田の言葉だからこそ、より視聴者の胸に突きささってきたのかもしれない――。

関連リンク

  • 10/27 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます