SixTONES髙地優吾、“地元ではMC担当”!? 「イジられキャラ」から別の顔に変化に松村北斗&ジェシー「見てみたい!」

拡大画像を見る

 10月22日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)に、司会としてSixTONESの松村北斗とジェシーが出演。息のあったトークを展開し、ファンを喜ばせている。

 今回の放送は8月・9月放送分のセレクションということで、SixTONESやSnow Manのほか、Travis JapanやHiHi Jets、美 少年や7 MEN 侍、少年忍者にIMPACTorsといったグループのパフォーマンスが放送された。そんな中、8月6日放送分としてTravis Japanの川島如恵留、美 少年の佐藤龍我、7 MEN 侍の中村嶺亜、HiHi Jetsの橋本涼、少年忍者の織山尚大、IMPACTorsの佐藤新による「青春アミーゴ」(修二と彰)をセレクト。

 このパフォーマンスを受け、スタジオトークで松村が「俺らはJr.時代、2人で歌ったりしたけど。あれか、『青春アミーゴ』はやってないのか?」とジェシーに聞くと、ジェシーは「そうだね、バックとかSixTONESでなんかやったことはあるけど。2人でやった曲はね、楽曲は違うけど『strategie』、KinKi Kidsさんの曲。俺が歌って北斗が踊るっていう」と発言。松村も「あったね。ちょっと当時めずらしい」と同意すると、ジェシーは「『STAR RIDER』! KAT-TUNさんの」とJr.時代に披露した曲について名前を挙げ、さらに「振り付け自分たちでなんか考えなかった?」と当時を述懐。松村が「『STAR RIDER』とかそうよ!」と頷くと、ジェシーは「最初サビ僕で、その後北斗で」と懐かしそうに振り返り、松村も「当時2人で振り付け作ってたのはちょっとめずらしかった」としみじみ。ジェシーが「振付師さんにやってもらうより自分たちでやりたい、みたいな。とんがり時期というか」と当時を振り返ると、松村も「自分たちでもできるぜ、みたいな。で、最終的に作ってって、まあサビとかは頑張ったけどAメロ、Bメロ、間奏とかは最終的に振付師さんに頼んだもんね。作れなかったです。ちょっと『ざまあみろ』みたいな。雰囲気ありましたけど……。懐かしいね」と苦笑したのだった。

 さらにスタジオトークでは、視聴者からの質問に答えるコーナーにて、SixTONESメンバーの知られざるエピソードが飛び出す場面も。視聴者からの「冗談で親友をイジったつもりが本気に受け止められ、そこから大げんかに発展。謝って仲直りできたが、以後発言には気をつけている。みなさんはメンバー同士でケンカなどした経験はありますか? その時どのように仲直りしましたか?」という問いかけを受け、ジェシーは「ケンカねえ。まあ髙地(優吾)をよく、今もイジってるんですけど。今はあいつも受け入れてね、逆にそれがおいしいということに気付き大人になり……」とメンバーの髙地優吾について言及。松村が「他の番組でもできるだけいじられるように立ち回り……」と話を補足すると、ジェシーは当時について「『は?』みたいに眉毛をこういうふうに……」と眉間にシワを寄せる表情をしながら、髙地がイジられるのを嫌がっていたことを明かした。

 松村が「ああいう時、謝ってた?」と質問すると、ジェシーは「『冗談だよ~なんで本気になるの』みたいなそんな感じ。時間が流れたら皆忘れる」と発言。さらにジェシーは「(森本)慎太郎もね、小さい頃よく(京本)大我と位置の下手か上手を交差するときに、大我が前か慎太郎が前かでギクシャクしてて。わーわーやってたやり取りは覚えてる。帝国劇場の9階で」といった思い出も明かし、松村も苦笑。最後に松村が「どっちも楽しいような愛情のあるようないじりをして、逆に自分もいじられるようにしたら……」と視聴者にアドバイスすると、ジェシーは「髙地の場合はいじられすぎて、あいつ地元帰ると、あいつが地元の友達いじるから。俺たちがいじりすぎて。それを見てみたいね」と髙地のその後について言及。松村も「そうらしいんですよ。髙地は地元に帰るとメインMCらしいんですよ」と補足すると、ジェシーも「バンバントークをまわすらしいですよ!」と大笑い。松村が「(イジられて怒ったという友人に)新しい友達を紹介するっていうのも、1個手かも。手なわけねえか」と苦笑すると、ジェシーは「今日、髙地いたほうが良かったね」と発言。松村も「髙地あとで呼んでくる?」と笑いながら「髙地にあとで(視聴者からの)手紙渡しときます」と話をシメたのだった。

 そして番組最後、ジェシーが「ひさしぶりに“ほくじぇ”(北斗とジェシー)でしたけど」と話をまとめようとすると、松村は「そんなここ(スタジオトーク)多分メインじゃない」と苦笑。その後、松村が「『青春アミーゴ』とかさ、そういうペアっぽいものがあって、久しぶりに俺、少クラさんで“ほくじぇ”、一曲くらい、なんかね……やりたいなと思うわ。『キミハカルマ』(KinKi Kids)でもいいし、なにか。先輩の曲カバーしてもいいし」とやる気をみせると、ジェシーは「あとはスケジュール問題ですね」とニヤリ。その発言にスタジオのスタッフも大笑いするなか、松村が「俺ら意外と空いてんじゃん」とツッコむと、ジェシーは「いま僕舞台終わったんで。あと(松村を指しながら)ドラマと映画出てるんで」と続け、松村に「いいんだよ、宣伝は!」とたしなめられていたのだった。

 この2人の仲睦まじいトークを受け、Twitterではファンからの「ほくじぇが自分でほくじぇって言ってる」「ほくじぇ時代の裏話凄くうれしい」「キミハカルマ見てみたい!是非いつか実現しますように」といった喜びの声が続出していた。

 ジャニーズJr.時代から本番組にてコンビでパフォーマンスを披露して話題になるなど、SixTONESの中でも特に人気の高いコンビである松村とジェシーの“ほくじぇ”コンビ。今回の放送では、2人の息のあった司会ぶりを見ることができ、さらに今後の展開として“ほくじぇ”の共演パフォーマンスの話も出てくるなど、スト担にとってはかなり満足のいく内容となったのではないだろうか。

  • 10/27 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます