ヘアドライヤーメーカーが家庭用に開発した「Nyuair ハンドドライヤー」日本初上陸


風のちからで髪や手指の健康を守るXynai Science And Technology Limited(自社ブランド名:Nyuair)は、10月25日(月)14時より応援購入サイト「Makuake」にて、「Nyuair(ニューエア)ハンドドライヤー」プロジェクトを開始した。

工事不要で簡単設置のハンドドライヤー


濡れたままのタオルは、たった一日放置するだけで雑菌が数億個になるという。

同商品は、「公衆衛生」の中で「非接触」の重要性が高まっている今、「どの様な家庭にも工事不要で簡単に設置出来るハンドドライヤーをお届けしたい」という思いから、ヘアドライヤーメーカーが開発した。

40℃弱の温風に調整


同商品は、航空機にも採用されている流体力学「ベルヌーイの法則」を用いることで、モーターが吸い込む空気量に比べ約4倍の風量を吹き付け、スペースを取らない小型なボディで素早く手を乾燥させる急速乾燥を実現。業務用に負けない約13秒の速乾能力を持つ。


また、これまでに同社ヘアドライヤー製品を使用した多くの女性ユーザーの意見を取り入れ、ハンドドライヤーの風は肌を刺激しない40℃弱の温風に調整。冬場に限らず、手洗いや家事で荒れやすい手を優しく乾燥させる。

ティッシュ箱より一回り小さいサイズ


本体サイズはティッシュ箱より一回り小さいサイズのため、工事不要で壁にも取り付けられるほか、スタンドタイプも用意。場所を取らずに簡単に設置できるため、家庭ですぐに導入可能だ。


また、電気代は一回15秒の使用で、なんと0.1円以下と経済的。家族4人の家庭でペーパータオルに比べると、年間13,000円以上もオトク※となる計算だ。また、ハンドタオルと比較しても、洗濯物の量を減らせるので、家事負担の軽減にも繋がる。

UV除菌でお手入れもカンタン

内部フィルターはワンタッチで着脱&そのまま水洗いが可能なため、気になるお手入れも簡単。また、UV除菌ランプが内部の雑菌繁殖を抑制しており、月一回のフィルター水洗いだけで、本体内部はいつもキレイな状態が保たれる。

「Nyuairハンドドライヤー」が気になる人は、Makuakeをチェックしてみて。

※21年5月時点の東京電力、1kWh=26.48円(税込)、一人平均10回/日、消費電力700Wにて計算。ペーパー代金は1枚=1円(税込)換算。ご契約内容または地域により、実際の電気料金とは異なる場合がある。

画像をもっと見る

  • 10/27 10:45
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます