完全に逆効果…元カノとの復縁が遠ざかるNGアプローチ9パターン

別れた彼女に運命を感じるなら、なんとしても元の関係に戻って、もう一度愛を育みたいもの。がむしゃらに復縁を迫って「顔も見たくない!」と拒絶されたりしないよう、慎重に距離を縮めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「完全に逆効果…元カノとの復縁が遠ざかるNGアプローチ」をご紹介します。

【1】「おはよう」「おやすみ」と彼氏気取りで一日に何通もメッセージを送る
「前と同じペースで連絡が来るのがウザくて、ブロックした」(10代女性)というように、頻繁にコンタクトを取ると、返信を望めないばかりか、受信拒否すらされそうです。たまにメッセージを送るほうが、一通一通が目立って存在をアピールできるでしょう。

【2】「髪型変えたんだね!」と元カノの変化にいちいち気づいてみせる
「監視されてる!ってゾッとした」(10代女性)というように、「新しい髪型もいいな」などと思っても、元カノ本人には伝えないほうがいいようです。話す機会が巡ってきたときにさりげなく言及するくらいが、自然でちょうどいいかもしれません。

【3】「あのときの旅行、覚えてる?」と思い出話を何度も繰り返す
「過去ばかり振り返って、つまらない男だなと思った」(20代女性)というように、心が通じ合っていた頃の話で懐かしさを誘おうとすると、「進歩がない」とウンザリされてしまうようです。破局など乗り越えたかのように振る舞って、新しい自分を印象づけましょう。

【4】「俺が全部悪かった!許してくれ!」と今さらくどくどと懺悔する
「『別れ話を蒸し返すつもり?』とわざと冷たくあしらった」(20代女性)というように、改めて謝罪しても、修羅場を再現することにしかならなそうです。改善すべき点があるなら、言葉ではなく行動で示したほうが、相手の心に響くのではないでしょうか。

【5】「君を幸せにできるのは俺だけ」と自信満々で存在価値をアピールする
「さんざん泣かせといてよく言えるな…と呆れてしまった」(20代女性)というように、「俺といれば幸せになれる」と主張したところで、説得力はゼロでしょう。窮地に陥った相手を助けるなどして、時間をかけて「実績」を積み重ねるしかなさそうです。

【6】「そろそろ機嫌直してよ」と破局などしていないかのように振る舞う
「別れたと思ってないの!?って驚いたし、怖くなった」(10代女性)というように、破局を「ただのケンカ」で片付けようとしても、そううまくはいかないようです。小手先の作戦で人の心を動かすのは到底無理なので、潔く「別れ」を受け入れて態勢を立て直しましょう。

【7】「そっちだって本当はヨリを戻したいんでしょ?」と上から目線で迫る
「元カレに感じてた懐かしい気持ちや友情が、この一言で台無しになった気がする」(20代女性)というように、「俺様」な口説き方は、元カノには通用しないようです。むしろ思いやり溢れる態度に徹して、わずかに残った絆を大切にしたいものです。

【8】「俺にはおまえしかいないんだよお」と身勝手な泣き言を聞かせる
「元カレは結局自分のことばかり…。復縁しても時間の無駄でしょうね」(20代女性)というように、思わず醜態をさらして、自らの首を絞めてしまうパターンです。ヤケを起こしても幸せが遠のくだけなので、感情がこみ上げてもグッとこらえましょう。

【9】「あなたが戻るのをずっと待ってる」とストーカー並みの執着心を見せる
「このままだとお互いにとってよくないから、きっぱり縁を切ることにした」(20代女性)というように、熱烈なアプローチを仕掛けると、つながりを絶たれるおそれもあります。危険人物として警戒されないよう、友達関係から出直して信頼を取り戻しましょう。

「押しの一手」だと、煙たがられてしまうようです。元カノの気持ちを尊重しながら、少しずつ関係を修復しましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます