え!なんで?男には理解できない「彼女が不機嫌な理由」9パターン

鈍感な彼氏にイラッとするのは仕方がないとしても、何の前触れもなくたびたび怒り出すようでは、ただただ理不尽な思いをさせるだけです。世の男性が理解不能だと思っている「不機嫌スイッチ」には、いったいどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「え!なんで?男には理解できない『彼女が不機嫌な理由』」をご紹介します。

【1】仕事中は忙しいと説明しているのに「LINEの返信が遅い」とキレられる
「会議中にスマホはいじれないでしょ…」(20代男性)というように、理由があって連絡できなかった彼氏を責めて困らせてしまうパターンです。返信の早さで愛を確かめるのではなく、連絡できない状況を想像して怒りを鎮めましょう。

【2】「生理前だから」と人が変わったようにイライラされる
「辛いのかもしれないけど、ケンカ腰になるのやめてほしい」(20代男性)というように、女性特有の体調の変化を不可解だと思われるケースです。「もうすぐあの日だから」とあらかじめ伝えておくと、あまり驚かせずにすみそうです。

【3】ちょっとよそ見したら「ほかの女を見てたでしょ」と責められる
「女性が飼っているチワワを見ていたら、目移りしていると誤解されました」(20代男性)というように、不意に視線を外しただけで彼氏を咎めるのもやりすぎでしょう。その程度でイラッとしてしまうなら、もう少し信頼関係を築くのが先かもしれません。

【4】ほんの一瞬上の空だっただけで「話を聞いてない」とキレられる
「考えごとをしてたのは悪かったけど、そこまで怒らなくてもいいのに」(20代男性)というように、相づちが適当だっただけで叱りつけるのも彼氏を委縮させてしまうようです。キツく責めるよりは、興味を引くためにかわいくすねたほうが効果的でしょう。

【5】意見を求められたからアドバイスしたのに「説教くさい」とウザがられる
「助言がいるのかいらんのかどっちやねん!」(20代男性)というように、意見を求めておきながら迷惑そうにして、彼氏にショックを与えるパターンです。少しズレた指摘でも、その親切心には感謝したいところです。

【6】「どっちがいい?」と選択肢を与えたら「優柔不断!」とダメ出しされる
「希望を聞いただけなのに…頼りなくみえるんでしょうか」(20代男性)というように、善意で聞いてくれたことをいきなり非難するのも理不尽でしょう。怒るのではなく、ストレートに「あなたに決めてほしい」と伝えたほうがよさそうです。

【7】占いの結果が悪かったせいで「今日は最悪!」とネガティブな態度をとる
「ちょっと影響されすぎでしょ…」(10代男性)というように、運勢が悪いからといってあからさまにご機嫌ナナメになるのは考え物のようです。どうしても占いが気になるのなら、いっそ複数のものを参照して、一番いい結果だけを信じることにしてみてはいかがでしょうか。

【8】すっぴんを褒めたら「どうせメイクが下手ですから」とすねられる
「最高の褒め言葉のつもりなのに…マジかよと思いました」(20代男性)というように、彼氏の言葉を素直に受け止められないのも、気まずいムードを招くようです。真意を深読みしたくなっても、とりあえず「ありがとう」と応えるのが大人のマナーでしょう。

【9】彼女の到着を待っていたら「早く着きすぎ!私が遅刻みたいじゃん!」と怒られる
「時間守ってキレられるとは思っていませんでした」(20代男性)というように、時間通りに来ていた彼氏をなじるのもめちゃくちゃでしょう。思うところがあっても、「お待たせ!」と笑顔で登場するのがかわいい彼女の振る舞いではないでしょうか。

それは怒って当然というものもあれば、同性でも理解しづらいものもあったかもしれません。理不尽な女と思われたくなければ、面倒でも「なぜ怒っているのか」を説明してあげましょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます