Snow Man向井康二、メンバーへの世話焼きエピソード披露「一緒に働きたい後輩」部門大賞獲得

【モデルプレス=2021/10/27】Snow Manの向井康二が、10月28日発売の「with」12月号「with OL大賞」にて「一緒に働きたい後輩」部門大賞を獲得した。

◆向井康二「一緒に働きたい後輩」部門大賞獲得

向井は同誌の「with OL大賞」において「一緒に働きたい後輩」部門大賞を獲得。

もみあげから愛を込めた手裏剣を投げ続け、ドッキリ番組で落とし穴を仕掛けられ、ファンを笑顔にするために全力投球な向井は、アイドルながらいじられ役に徹し、愛のあるツッコミでメンバーの魅力を引き出すこともできる。どんな場面でも輝ける“万能調味料”っぷりが全国の働く女性たちの目に留まり、「向井くんとなら笑顔で働けそう!」「きっと会議中に気まずい空気が流れても、一瞬でポジティブな空気に換えてくれそう!」というリアルな声が集まった。

今回の撮影は、向井がコンサートツアー直前の多忙を極めるタイミングだったこともあり「一時は撮影不可能…?」という状況だったが、なんとか緊急でリモート取材が実現。

電波や音声のコンディションに問題がないか…など、普段とは異なる緊張感のなか向井が登場すると「トロフィー、ありがとうございました!めっちゃ豪華で驚きました、オリンピックで優勝したんかな!?と思いましたもん!」と、一気に明るい空気を作り上げてくれた。今回はOL大賞企画ならではの「受賞スピーチ」という形で、画面越しにも伝わってきた向井の温かいエネルギーをしかとお届けする。

◆向井康二、2022年の抱負語る

さらに受賞の感想や、向井がもしも後輩だったらどんな風に先輩を労わってあげるか、などオフィスで働く自身の姿を想像してもらいながらインタビューを実施。

「『指示を出す』より『出された指示をテキパキこなす』方が得意なので、後輩に向いている気がします」という向井は、「性格的にも世話好きなところがある」ため、メンバーの渡辺翔太や深澤辰哉、目黒蓮との微笑ましい世話焼きエピソードを楽しそうに話してくれた。

また取材で向井は、メンバーの話をするときに自然と笑顔になっており、メンバーへの愛情が思わずにじみ出てしまう様子が印象的だった。

誌面では、仲間でもありライバルでもあるメンバーたちとの信頼関係を築くための秘訣や、元気を出したいときにおすすめの1曲も披露。周りの様子を見極めて気遣い、場の空気を盛り上げ、先輩への愛嬌も抜群で「一緒に働きたい理想の後輩」要素をいくつも兼ね備えている向井は、グループとして個人として、来年への抱負も語ってくれた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/27 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます