オードリー若林正恭と星野源「好きぃ~」芸能界「最熱」カップルの「隠しきれない関係」

拡大画像を見る

 10月25日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)に、歌手の星野源(40)と、SixTONESのジェシー(25)がゲスト出演。『激レアさん』はオードリー・若林正恭(43)がMCを務める番組だが、星野との共演を喜ぶファンが、実に多かったという。

「星野と若林は、9月7日放送のラジオ『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、星野が楽曲『Pop virus』を生歌唱し、ゲストで呼ばれていた若林がそれにMC.wakaとして生ラップをのせて歌い、大好評を博しています。

 今年6月30日放送のテレビ『あちこちオードリー』(テレビ東京系)では、バラエティ番組の話題で“どうしても(まじめにやってる人を)腐すみたいな方向がある”としつつも、若林については“その流れの中に乗りながらも、若林さんは違うところを模索されてるのが、一緒に出させてもらっても分かるし、見てても分かるんで、本当に日本テレビ界の希望だと思う”と絶賛。親友、いやそれ以上の“ソウルメイト”とも呼べる間柄であることで知られています」(女性誌記者)

 そのため、今回の若林がメインとなる『激レアさん』でも星野は終始楽しそうだったほか、さりげない部分から若林と星野のバディ感がにじみ出ていた。

「番組冒頭で“激レアさん”だったDJCO―MAこと“コマガタさん”の素性を当てるクイズの際も、星野が“吉本無限大ホールの支配人さん”と大喜利を披露し、“いそう! 星野さんよく知ってますねそのイメージ(笑)”と、若林も実に楽し気でしたね」(前同)

 また、若手時代に星野が風呂なし3万8000円の部屋に住んでいて贅沢できなかったことを明かし、「謳歌している人は憎んでましたね。基本的に」と話すと、すかさず「憎んでたんだ」「世界人類全員恨んでたって言ってたもんね」と、息ぴったりに返す場面もあった。

■若林の一発ネタも披露

「逆に、星野が合わせた場面もありました。今回の“激レアさん”は農家とDJの二足のわらじを履くことになったDJCO―MAですが、若林が“苗をずっとこう、ね”とスクラッチするジェスチャーをしながら話す横で、星野は右腕を苗に見立ててウネウネさせていました(笑)」(前出の女性誌記者)

 さらに、番組終盤で最高金賞のお米を実食する際には、若林が『ヒルナンデス』(日本テレビ系)で食レポするときに使う絶妙に力の抜けたトーンで「好きぃ~」と言うネタを、まさかの星野が披露。

「嬉しー!」「使ってくれる人初めてだよ俺以外で!」と若林は大喜びだったほか、星野は「家で飯食う時、美味しいと好きぃ(を使う)」という新事実をカミングアウトしていた。

 この放送にSNSは、

《あー笑った~私の中で若林さんは"バラエティーで星野源のポテンシャルを120%引き出す人"という新たなラベリングがついたぞ》《若林さん本人が言わなかった"好きぃ"を言う源さん咄嗟に口マネする瞬発力はさすが》《若林さんとの共演だから源さんとっても楽しそうだったお米食べてる姿…可愛かったなぁ》

 と、大盛況だったが、一方で、2人の今後を不安視するファンもいるという。

「星野と若林の共演が増えてくるのはファンにとっても嬉しいことですが、同時に星野と若林は深夜ラジオの『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のように、マニアックかつディープなトークを水入らずで楽しむ様子を見たい、という層も多い。

 それだけに、極端に“仲良しな2人!”みたいなスタイルでバラエティ番組に出るのはちょっと違うかも……という懸念を示すファンも少なくありません。ファンの胸中は、複雑かもしれませんね(笑)」(前同)

 若林と星野には、これからも「ひっそりとした親友」でいて欲しい!?

関連リンク

  • 10/27 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます