ダウンタウンから「不祥事芸能人再生工場」を継承!?“スキャンダル無敵”・千鳥が「杏と絶縁」東出昌大を救う!

拡大画像を見る

 俳優の東出昌大(33)がNetflixが制作するバラエティ番組に出演すると、10月26日付の『NEWSポストセブン』が報じた。

 東出が出演する番組は年明け以降に配信予定で、演出を元テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(45)が担当。共演には千鳥、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)と名だたる人気芸人が顔を揃えているという。

 お笑いプロ関係者はこう話す。

「東出さんが出演する番組ですが、千鳥、ケンコバさん、狩野さんらが出演し、俳優である東出さんも出る。さらに演出を佐久間さんが手掛けているということですから、もしかしたら、かつてテレビ東京系で放送されていた伝説のバラエティ番組『キングちゃん』の大人気企画、『ドラマチックハートブレイク王』のようなものになるのかもしれませんね」

『キングちゃん』は、2016年5月にレギュラー放送が始まった千鳥がMCを務めるバラエティ番組。2017年と2018年にもレギュラーとして放送され、以降は特番として復活している。

 お笑いマニアを虜にしていた同番組内の企画『ドラマチックハートブレイク王』は、レギュラー第1期の2016年9月放送回で初めて行なわれた企画で、芸人たちが青春ドラマに登場し、そこで「過去に本当にあった傷ついた話」をかっこよく話すというもの。

「『ドラマチックハートブレイク王』は、特番も含めてこれまで4度も行なわれている番組屈指の名企画です。もしこの企画に出演できるのであれば、今の東出さんの状況を考えると、かなりありがたいかもしれませんね」(前同)

■「杏ブチギレ」報道!子どもにも会えないピンチ

 東出は、10月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で新恋人の存在が報じられている。

「東出は、2020年1月の『文春』で、唐田えりか(24)との3年に渡る不倫関係が伝えられ、その年の8月には杏(35)と離婚しています。独身ですから、新しいロマンスがあっても何ひとつ文句を言われる筋合いはないはずですが、今回、撮影のために滞在していた広島県呉市のホテルに、新恋人のAさんを呼んでいたことも報じられてしまいました。

 こうした常識を欠いた行動に対して、2億円とも言われる違約金を肩代わりし、東出の再スタートを可能な限りサポートしていた所属事務所の女性社長がカンカンに怒っているといいますね」(夕刊紙デスク)

 さらに10月26日発売の『女性自身』(光文社)では、元妻の杏が東出の一連の新恋人報道に激怒し、子どもにも会わせたくないとの心境を漏らしていると伝えた。

「子どもの養育費は月1人1万円しか払わないのに、新恋人を仕事現場の広島まで呼び寄せて遊んでいるわけですからね。杏が激怒する気持ちも分かりますよね。

 総スカン状態の東出ですが、お笑い番組に出るのはやはりチャンスと言えるのではないでしょうか。芸人たちの面白くイジってもらって、笑いに変えられれば、少しは状況が変わってきそうな気がしますね」(前同)

 来年、Netflixで配信される番組で千鳥らと共演するという東出だが、

「これまで、スキャンダルを起こした芸能人は、ダウンタウンさんの冠番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年末特番『絶対に笑ってはいけないシリーズ』に出演して、そこから復活というパターンが定着していました。ただ、今年は『笑ってはいけない』も放送がないんですよね」(前出のお笑いプロ関係者)

■千鳥の新番組が「不祥事芸能人の再生工場」の代わりになる?

『笑ってはいけない』シリーズでは、2016年に、この年にグラビアアイドルとの不倫が報じられた袴田吉彦(48)がブーメランパンツを履き、頭にパンツをかぶった姿で登場。「月に数回ホテルで不倫をし、ポイントカードを貯め歩き、浮気相手に売られてしまった最強のだらしなさ! 不倫仮面、袴田!」と叫んだ。

 さらに、2017年末の『絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時』には、前年にゲスの極み乙女。の川谷絵音(32)との不倫が報じられたベッキー(37)が出演し「禊のタイキック」を受けた。

 ほかにも、2019年末の『笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』には、同年に複数女性との不倫が報じられた原田龍二(51)が、不倫した教師の設定で登場した。

「不祥事芸能人の再生工場のようになっていた『笑ってはいけない』がないことで、東出さんの禊ができる場がなかった。そこに千鳥の番組が出てきたんです。

 しかも、千鳥の大悟さん(41)は過去に不倫が報じられていながら、今のところ全く無傷というとんでもないツワモノ。それで、現在、大人気なわけですから、東出さんにとっても心強い存在なのかもしれませんね」(前出のお笑いプロ関係者)

■不倫直撃の直後に収録に参加

 大悟は、2017年4月の『キングちゃん』の『ドラマチックハートブレイク王』の収録に1時間遅刻。その理由が、週刊誌の記者に捕まり、取材に応じていたからと説明した。そしてなんと、時間がないために記者と一緒にタクシーに乗って、収録現場まで来たという。

「番組で触れられていた件は、2017年4月の『女性自身』で報じられた、大悟さんと六本木でダンサーをしている金髪美女A子さんとの不倫疑惑のことでしょう。普通のタレントであれば、場合によっては収録した番組がまるまるお蔵入りになる可能性もあるでしょうし、また不倫疑惑を直撃されて、思いっきり遅刻してそのまま収録に参加できること自体が奇跡ですよね。

 それどころか、大悟さんは『ドラマチックハートブレイク王』の中で、できたてホヤホヤの不倫の話をすぐネタにして、しっかり笑いをとっていました。不倫騒動も笑いに変えてしまい、しかもこれといった傷も残っていないのですから、大悟さんは女性スキャンダルに対しては“無敵”と言えるでしょうね」(前出のお笑いプロ関係者)

 2020年10月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の企画『人志松本の酒のツマミになる話』では、ゲストの三浦翔平(33)が、酔ったノブ(41)が「ダウンタウンさんがライバルじゃ」と言っていたとタレコミ。これに松本人志(58)が「俺は、千鳥ほんまにすごくて…。全然そう言ってもらえたらうれしいよ」と素直に語る場面があった。

「松本さんも、千鳥がダウンタウンの“後継者”になってくれる期待を寄せているということかもしれませんよね。『笑ってはいけない』がない中、度々のスキャンダルで窮地に追い込まれている東出さんを救えるのは、“スキャンダル無敵”でお笑い界のトップの松本さんにも認められている千鳥しかいないのではないでしょうか……」(前同)

 不祥事芸能人の駆け込み寺が、ダウンタウンから千鳥に変わる日は近い!?

関連リンク

  • 10/27 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます