「長期休養報道」戸田恵梨香を苦しめた「トイレもNG」!?大ヒットドラマの「地獄現場」!

拡大画像を見る

 女優の戸田恵梨香(33)が精神的な不調が原因で、12月にクランクイン予定だった来年秋公開予定の大作映画と来年4月スタートの主演ドラマを連続降板したと10月21日付のスポーツニッポンが報じた。

 戸田は2020年12月に俳優の松坂桃李(33)との電撃結婚を発表。今年7月クールには主演を務めたドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)も高視聴率で幕を閉じたばかりだった。

 さらに、10月25日付の『スポニチアネックス』では、来年6月公開予定の戸田主演映画もすでにクランクアップしていることが明らかになったと伝えている。

 同作はベストセラー作家の小説が原作で母性をテーマにした作品で、『ハコヅメ』より前に撮影が行なわれたという。

「公開は来年6月予定ということですが、戸田さんの病状によっては長期休養となる可能性もあり、映画のプロモーションや公開時期にも影響が出てくるかもしれません。

 10月26日発売の『女性自身』(光文社)にも戸田さんの写真が掲載されていますが、痩せているというよりもやつれている感じで、驚いた関係者も少なくなかったのではないでしょうか」(女性誌ライター)

『女性自身』には、10月17日に撮られた、大きめのスウェットにジーンズという出で立ちの戸田の写真が掲載されているが、マスク越しでも顔がかなりほっそりしていることが分かるほどで、体のシルエットも、元々細い彼女がさらにひと回りほど痩せてしまった印象だ。

 ドラマ制作会社関係者は口を開く。

「実は、戸田さんにとってちょっと大変な現場があったんですよね。それが、『ハコヅメ』だったんです」

■有終の美を飾った『ハコヅメ』だが……

 戸田と永野芽郁(22)がダブル主演を務めたドラマ『ハコヅメ』は、戸田演じるワケあり元エース刑事と、永野演じる天然新人の“最強ペア”の“交番女子”を通じて、身近なようで意外と知らない警察官の笑いあり涙ありのリアルな日常を描いた交番エンターテイメントだ。

 9月15日放送の最終話の平均世帯視聴率は12.6%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率7.2%と有終の美を飾った。

 ドラマがスタートした直後の7月22日には、永野が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになり、8月4日から2週に渡ってオリジナルストーリーを含む「特別編」が放送されたといったトラブルもあった。

「あの時期は全国的にコロナの感染者が急増していたタイミングでもありました。永野さんが悪いというわけでは決してありません。ただ、そのことで制作スケジュールがかなりタイトになってしまったんです。台本が上がるのも本当にギリギリだったそうで、出演者がセリフを覚える時間もなかったといいます」(前出の制作会社関係者)

■トイレにも満足に行けなかった『ハコヅメ』の過酷撮影現場

『ハコヅメ』の現場では、永野が感染する以前からコロナ対策を徹底的にやっていたため、それで撮影がスムーズに進行しないということもあったようだ。

「スタッフに“戸田さんお願いします”と呼ばれた際に、戸田さんが“トイレぐらい行かせてよ”と不満を漏らすこともあったそうです。撮影スケジュールがどんどんタイトになり、満足にトイレに行く時間もなかったのかもしれませんね。

 スタジオではほとんどの撮影が夜遅くまでやっていたそうで、かつ、交番ものだからロケも多かった。永野さんもそうですが、戸田さんは相当大変だったと思いますよ。何より、戸田さんは来年6月公開予定の映画の撮影を終えたばかりという状況だったみたいですからね。

 体調不良は『ハコヅメ』の撮影が原因ではないかもしれませんが、コロナ禍の超厳戒態勢での、かつタイトすぎるスケジュールの過酷な撮影で、戸田さんが消耗してしまったことは間違いなさそうです……」(前出の制作会社関係者)

 売れっ子ゆえに多忙を極め、消耗してしまったのかもしれない戸田には、夫・松坂のサポートでゆっくりと体を休めてもらい、再び元気な姿を見せてもらいたい!

関連リンク

  • 10/27 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます