巨胸はどうなった!? 後藤真希、10年ぶり写真集でファンの妄想爆発

拡大画像を見る

 タレントの後藤真希が10月22日、自身のインスタグラムを更新。約10年ぶりとなる写真集を発売することを発表した。

 後藤は16年前のカット、10年ほど前のカット、そして歴代の写真集を並べたカットの計3枚をアップしつつ、「皆さんにお知らせ♪ 写真集出します!! 約10年ぶりです(^-^)」と告知。写真集のタイトルはラテン語で「枝」を意味する「ramus」だという。

 後藤は「皆さんからの温かい応援や、スタッフさん達の支えを受け、沢山の枝が増え成長していく事が出来たと思っています」とタイトルの意味を示唆。「歳を重ねてまた作品を作る事が出来て感謝しかありません。11月29日に発売となります!」と謝意とともに発売日を伝えた。

 ネットでは《後藤真希さんの新作写真集絶対買うでしょ、、、、、》《買!い!ま!す!!!》《絶対買います!!絶対かわいいもん!》といった期待の声の中に、《大きくなったバストは今どうなってるんだろ》《前回セミだったから今回はフルで》というゲスな興味も…。

「後藤が最後に出した写真集は11年の『go to natura…』です。その時はバストトップや下半身の大事なところを腕や脚で隠しながら見事なセミ脱ぎの肢体を披露していました。バストのラインがあまりにキレイだったので、当時は豊胸疑惑も飛び出したほど。それから10年後の今も、後藤はプロポーションを維持。ファンからは《プロ意識が高い》と賞賛されています。最新写真集ではそのスタイルの良さゆえに、前回作品以上の肌見せを期待してしまうのは仕方ないでしょう」(芸能記者)

 36歳となり、すっかり成熟した女性となった後藤。最新写真集ではどのような姿を見せてくれるのか期待したい。

(柏原廉)

関連リンク

  • 10/27 6:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます