「今それやる?」育ち悪い認定されてしまう【最悪ルーティン】4選

拡大画像を見る


どんなにおしゃれをしていても、育ちの悪さはつい行動に出てしまうもの。意中の彼とのデートで、もし育ちの悪い行動が出ると相手はうんざりするかもしれません。
そこで今回は、男性から育ちが悪いと認定されてしまう「女性の最悪なルーティン」を4つご紹介します。


悪口や不平不満が多い

悪口や不平不満をよく言う女性は、周りの人から育ちが悪いと思われがち。人のよいところを見ようとしないところが、態度に表れているからです。
育ちのよさそうな人は、上手に相手を褒められるもの。逆に悪口や不平不満が多いと、男性からも「この人には褒めてもらえそうにない」と思われるでしょう。


言葉遣いが荒っぽい

言葉遣いが荒っぽい女性は、ガサガサとした環境で育ったイメージを持たれるかも。
言葉遣いは、子どもの頃からの家庭環境や周りの大人に影響を受けやすいものです。そのため、汚い言葉を話していると育ちが悪いと認定されてしまうでしょう。
女らしくとまではいかなくても丁寧な言葉遣いを意識すると、相手によい印象を与えます。


場所をわきまえずに大声を出す

電車の中などで、大声で話すと周りに迷惑をかけます。それを理解できず、ところ構わず大きな声を出す女性は、育ちの悪い印象を持たれるでしょう。
本人は気づいていなくても、一緒にいる人は恥ずかしい思いをするもの。もし、付き合っている女性だとしたら、男性は一瞬で冷めてしまうかもしれません。


食べかたが汚い

食事の仕方でも、育ちの悪さが出やすいので注意が必要です。
たとえば、くちゃくちゃと音を立てて食べていると周りから品のないイメージに見られます。また、食べたあとの食べかすが散らかっていることもマナーができていない証拠です。

育ちが悪い女性には、品のない言動や態度が頻繁に見られます。あなたにも心当たりがあるとしたら、日頃からの言葉遣いや行動を見直してみてはいかがでしょうか?
今回紹介した最悪ルーティンを改めてみたら、育ちのよい女性と見てもらえる日も近くなるはずです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/27 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます