同期女性に絶賛片思い中の男。出社制限で会えない間、彼女はまさかの行動に…

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

Act.1 恋人未満のディスタンス ――2019年12月・パンデミック前の世界――


「まさか、今夜も希実と過ごすとは思ってなかったな」

「私はご飯を食べに来ただけ!なんで文也もいるのよ…」

この日はクリスマスイブ。

都内のメーカーに勤める営業の文也は、行きつけのダイニングバーで同期入社の希実とお酒の入ったグラスを傾けていた。

お酒好きで、お互いひとり暮らしの27歳。退勤後、会社近くのこの店で夕食がてら酒を酌み交わすのが日常となっている。

12月24日。恋人同士には特別な1日。

何でもないふうを装っているが、文也にとっても特別な夜なのだ。

なぜなら、この日は年に1回、希実に特別な人がいないことを確認できる日だから。

「来年こそは、イブに彼女と家でずっとイチャついて過ごすんだ」

「せっかくのイブに?この日に恋人と過ごすなら、星付きのレストランでしょ。だから彼女できないのよ」

「希実こそ、人のこと言えないだろ」

不機嫌そうに「うるさい」と小突かれながら、文也は心の中で微笑む。

切れ長の細い目にブラウンがかかった長い髪。エキゾチックな美貌を持ちながらも、大きな口で豪快に笑うギャップが魅力的な彼女だ。

実は文也、新入社員研修で同じグループになってからずっと希実のことを想っていた。しかし、今は距離が近くなりすぎて想いを告げるきっかけを見失っている。

酔いに任せて「付き合う?」と言ったり、手を握ったことはある。しかし、いずれも軽くあしらわれた。

脈は一切感じないからこそ、今は「告白して関係が崩れるよりは、飲み仲間としての楽しい毎日が続いた方がいい」と文也は自分に言い聞かせている。

一生気まずい状態で働くよりは、ずっといいのだ。

希実に片思いする文也。しかし翌年、感染症の猛威が世界中を襲い…

――2020年3月――


この年の初頭から、世界中で猛威を振るい始めた新型コロナウィルス。その影響は、だんだんと文也の周囲にも及んできていたのだ。

「え…?出社制限」

「ああ。今、早急に体制を整えている。うちの部でも対応ができ次第、業務を順次リモートワーク中心に切り替える予定だ」

朝礼で課長からそのような話を受けると、文也の頭の中に最初に浮かんだのは業務のことよりも、希実のことだった。

― しばらく会えなくなるってこと?

営業の自分は出社機会は多いようだが、社内メールによると希実が所属する経理部はほぼリモートワークになるらしい。


「私、千葉の実家に帰るよ。1人じゃ暇だしね…」

退勤後、いつもの店でリモートワークの話題を振ると、ワインを手に希実はつぶやいた。

「そっか。じゃあ、制限解除までしばらく会えないのか」

「会えないって…。なにアンタ、私と会えなくて寂しいの?」

「いや、別に」

文也が寂しいのは事実だった。しかし、つい強がった態度をとってしまう。

― ま、少し我慢して落ち着いたら、また同じような毎日に戻れるだろうし。

完全に楽観視する文也。だが、そんな浅はかな考えとは裏腹に、世の中の状況はさらに深刻になっていく。

――2020年11月――


気がつけば、年の瀬がもう迫ってきていた。

状況が落ち着きを見せてからも、慎重な社の方針で出社制限が解除されることはなかった。ふと気がつけば、文也は希実に半年以上会っていない。

友人やほかの同僚とはリモート飲みなぞしたものの、文也は希実を改めて誘うのはどこか気が引けた。誘ってくれたら喜んで受けるのだが、彼女からは連絡さえない。

文也は我ながら軟弱な人間だと思いつつも、かしこまって誘ったら引かれてしまうのではないかという恐れがある。もしそういう反応だったら、ただでさえ孤独で楽しみの無い日々なのに、さらに気がめいってしまいそうになると思った。

ただ一番の救いは、文也と同じく希実も人に会わない生活だということ。彼女は社内で隠れファンが多く、友人ながら変なアプローチがないかヒヤヒヤしていたのだ。

― まぁ、希実はどうせ実家だ。会社や外にいるよりは気がラクだよな。

とは言いつつ様子を探るため、年賀状を出す口実でLINEを送ってみた。『落ち着いたらリモート飲みでも』という言葉を添えて。

『落ち着かなくてもできるでしょ』と、ツッコミが返ってくることを想定し、そのままリモート飲みに流れることができたら儲けもんだと思っていた。

だが、返事はそっけなく、年賀状の送り先である実家の住所だけ。

― なんだよ、つれないな…。

その理由がわかったのは、数日後のことだった。

出社日、ランチ営業を始めたというダイニングバーに文也が訪れたところ、マスターからこう伝えられたのだ。

「希実さん、寿退社だってね。自分、文也くんと付き合ってると思っていたよ」

希実の寿退社に焦る文也。思わず“ある場所”へと急ぐ…

「そ、そんなことあるわけじゃないですか!」

マスターにうそぶくも、心の中では焦りで震えていた。

― 希実が、結婚…?

文也はすぐに経理部のあるフロアへ向かった。当番制出社かつ、ランチタイム中の誰もいないオフィスを眺める。

― あれ?あの場所は、確か希実のデスクのあった場所…。

希実のデスク周りは、ものすごくきれいに片付けられていた。以前、経理部をよく訪れていた際に見たときは、彼女のおおらかな性格上、いつも雑然としていたはずだ。

リモートワーク前に片付けたとしても、愛用の花柄のクッションまでなくなっているのは、マスターの証言を真実に近づけるものだった。

「すみません。深浦希実が退社したって本当ですか?」

ちょうど昼休憩から戻った経理部の男性社員に、文也は聞いてみた。すると彼は残念そうにうなずいた。

「ああ。つい先日ね。今は有休消化中だから、正式にはまだなんだけど…。私もびっくりだよ」

彼が言うには、出社制限で実家に帰ったことをきっかけに、結婚にずっと憧れていた彼女は同僚に内緒で動きはじめたらしい。誰もが祝福する前向きな退社だという。

だが、この状況なので送別会ができないことをその男は強く悔やんでいた。

― ということは、もう、一生会えないのか…?


相手が誰なのかも聞けず、モヤモヤを抱えた文也は退社後、身体が自然と千葉方面へと向かっていた。

目指すはこの前住所を聞いた希実の実家だ。だが、最寄り駅に着いたところで急に冷静になった。

「何しているんだ、俺は…」

ここまで来て引き返すのも気が進まない。気つけに酒でも飲んで挑もうとしようにも、開いてる居酒屋は見当たらない。

― どうあがいても、もうムリなんだよな…。

文也は自棄になっていた。

『今、たまたま最寄り駅に来ている。会えない?』

気がつくと、思いもよらないLINEを希実に送っていた。『突然、何?』と驚きの返信がありつつも、なぜかすぐに希実はやって来たのだった。

「…会社辞めて、結婚するんだって?おめでとう」

現れた途端、単刀直入に文也が言うと彼女は目を丸くする。

「え、どこでそんな話を?」

「あの店のマスター。寿退社するって…」

すると突然、希実は爆笑した。どうやら、退社は事実だが、昔からの夢であったウエディング業界に進むため、学校に通うということだった。

「又聞きの又聞きで、変に伝わっちゃったみたいね」

「なんだぁー!」

全身の力がぬけ、文也はその場に崩れ落ちた。目の前では希実が笑っている。その笑顔に、もう何もかもバレバレだと察した。

「実はさ、希実のこと好きだった。会えなくてずっとつらくて…」

もうどうにでもなれとヤケクソの告白をする。だが、目の前を見ると、はにかんだように優しく微笑んでいる希実がいる。

「ふふ…。実は、その言葉をずっと待ってた」

意外な返事に文也は驚き、しばらくその場を動けない。あの頃はどんなに好意を匂わせても取り合ってくれなかったのに…。

「だって酔っていたでしょ。こういう話はお酒の席じゃ嫌だったの」

もうすぐ12月。

寒い時期であるが、一杯も飲んでいないのに文也の心と体はあたたかい。

「クリスマスは、星付きのレストランを予約するよ」

彼女を家に送る夜道で、文也はカッコつけて言った。すると希実は彼の手をぎゅっと握って微笑む。

「このご時世だし、お家でずっとイチャつこう。憧れだったんでしょ」

文也は、まいったな、と頭をかくのだった。


▶ほかにも:ハイスぺ地味男の新恋人に、態度が豹変した女がささやく“禁断の一言”とは…?

▶Next:11月3日 水曜更新予定
憧れの壮大な結婚式をするため、挙式延期中のカップルの物語。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/27 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます