素直な”犬系男子”or気まぐれな”猫系男子”?恋愛傾向を徹底解析!

男性の恋愛傾向は「犬系男子」「猫系男子」に大きく二分されるのだとか。
そこで今回は、それぞれの恋愛傾向について調べてみました!

意中の彼はどちらに当てはまるか把握しておけば、恋愛を有利に進められるかもしれませんよ。

(1)追いかけるのが”犬系男子”、追いかけられるのが”猫系男子”


”犬系男子”は自分から積極的に女性にアプローチする傾向があります。
この性質は「遊んで遊んで」と飼い主に呼びかける犬と通じるものがありますね。

反対に”猫系男子”は、わかりやすいアプローチを仕掛けることはありません。
ですがその気まぐれな態度で押したり引いたりを繰り返し、女性を翻弄して虜にするのです。

(2)寂しがり屋な”犬系男子”、自由にしてほしい”猫系男子”


”犬系男子”は寂しがり屋なため、彼女にかまってもらいたい傾向にあります。
休みの日は毎週デートしたいという男性なら、典型的な”犬系男子”の可能性が。

”猫系男子”はその限りではなく、基本的には自由を好む傾向が。
彼女に合わせて生活スタイルを変えるのではなく、あくまで自分の好きなように振る舞う傾向が高いでしょう。

(3)甘え合いたい”犬系男子”、高め合いたい”猫系男子”


”犬系男子”は、甘えたり甘えられたりと、熱量の高いお付き合いを好む人が多いです。
常に手を繋いだり抱き合ったりと、甘い関係であり続けたいという願望をもっているのではないでしょうか?

”猫系男子”は、そういった甘い関係は気恥ずかしくて苦手という人が多い様子。
べったりするよりかは、お互いに目標を持って一生懸命励まし合う関係性でいたいと考えている事が多いのです。

(4)連絡が多いのが”犬系男子”、少ないのが”猫系男子”


毎日のように連絡を取り合いたいという男性なら、”犬系男子”である可能性が高いでしょう。
”犬系男子”は頻繁に雑談LINEを送り、返信もすぐに送るという傾向があります。

しかし、連絡頻度が高くなく、あっても事務的な内容ばかりという場合は”猫系男子”だと言えるでしょう。
”猫系男子”はマイペースなため、自分の気が向いたときに連絡をするという一面が見受けられます。


愛情深くて可愛らしい”犬系男子”と、ツンデレなギャップにグッとくる”猫系男子”。
それぞれまったく異なる性質をもつので、意中の相手に合わせて付き合い方を変えるのがベストです。

相手の恋愛傾向を把握することで、上手に飼い慣らして心を射止めてくださいね♡

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/26 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます