動物園のトラ11頭に接近したクレイジーな男、スタッフの機転と安全設備に救われる(中国)

拡大画像を見る

北京野生動物園内23日午後2時頃、ジアン(Jiang)という56歳の男が園内を巡るツアーの車から突然降り、スタッフの制止を振り切るとトラの展示エリアに近づいた。

当時の様子を捉えた動画では、黒のダウンジャケットを着たジアンが白いトラの群れの近くでじっとしているのが見て取れる。ジアンはトラから約2、3メートルしか離れていないが、トラ4、5頭はまるで展示エリアにガラスの壁でもあるかのように横一列に並んでいる。

現場を目撃した人は「男が7頭の白トラの前でかがんでいるのを見たんだ。トラの鳴き声を真似ていたのか分からないけど、何やら言葉を発していたね。トラ数頭は男のすぐ目の前に迫っていたし、落ち着きがなくウロウロするトラもいたけど攻撃することはなかったよ」と語り、このように続けた。

「そのうち4、5人のスタッフがやって来て、車から降りた他の客に戻るように促していたね。スタッフの1人は梯子と何かの道具を持っていたと思う。」

スタッフはその後、エサや爆竹を投げ入れてトラの気を引き、ジアンにはその場から動かないように叫んでいたというが、ある観光客は「そこにいた誰もがショックを受けていた」と当時の緊迫した様子を明かした。

同園のスポークスマンは「ツアーの車の窓を開けての見学は可能ですが、車から降りることは禁止されています」とジアンが規則を破って行動したこと、その後病院で検査を受け逮捕されたことを伝えているが、ジアンがなぜこのような行動を起こしたかについては明らかにされておらず、現在も警察の調べは続いている。

なお園内では、来園者の安全を守るために5つの徹底した安全対策がとられており、トラの展示エリアと見学エリアの間にはトラが反対側に行けないように計算された深さ10メートルの堀があるという。また同園のSNSには「男が怪我をせずに済んだのは、来園者にはわからないように設置された徹底した安全装置と、スタッフの機転の賜物」と綴られており、『MINNEWS』は当時の写真から次のような推測をしている。

「同園にはトラの展示エリアを囲うように緑色の草が生えている。同園が誇る安全対策とは草の形のワイヤーに強い電気が流れる電気柵のようなもので、トラがジアンを襲わなかったのはこのためだろう。」

なお中国では2017年、動物園の囲いを越えて侵入した観光客がトラ3頭に襲われ死亡しており、堀にジャンプしてトラのすぐそばまで近づいたジアンには「幸運だっただけ」「精神的なチェックが必要では?」「クレイジー」「トラのほうが頭がいいね」といったコメントがあがっている。

画像は『MINNEWS 2021年10月26日付「What is the “concealed device” that the crazy tourists rushed to the white tiger group to provoke and save his life」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/26 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます