『アバランチ』千葉雄大の涙と綾野剛の無骨な優しさが、温かな感動を呼び起こす

拡大画像を見る

警察が裁けない悪を討つアウトロー集団の活躍を描いた『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系)。第2話は、天才ハッカー・牧原(千葉雄大)がなぜ「アバランチ」に名を連ねたのか、その背景が描かれた。



※以下、第2話一部ネタバレあり

カンボジアに学校を建てたい。そんな大志を抱きながら、突然ビルから投身自殺を図った姉・夏川洋子(中島亜梨沙)。姉が自殺なんてするはずない。牧原は姉の死の真相を突き止めるために「アバランチ」の一員となった。


打本(田中要次)の聞き込み調査がきっかけで、死の直前、洋子が何者かに拉致されていたことが判明。また、洋子がコンタクトをとっていたジャーナリスト・永井慎吾(久保田悠来)の証言によって、洋子が外務副大臣・黒田正治(嶋田久作)の不正に関する証拠を掴んだために、闇に葬り去られたことを知る。


大物政治家の収賄疑惑と、謎の不審死。またも現実とリンクするような事件が画面の中で描かれていく。そして、前回同様、「アバランチ」の手によって悪は白日の下に晒された。この2回ではっきりしたことがある。「アバランチ」はあくまで不正を明るみに出すだけ。審判をくだすのは、大衆だ。それが、アウトロー集団なりのルールらしい。

大衆とは、視聴者のこと。つまり私たちは毎回問われているのだ。この現実に、あなたはどう思いますかと。無関心なニュース。不感症な社会。でもそれじゃ何も変えられない。もっとちゃんと拳をあげて戦わなきゃいけないんじゃないか。許せないことに対し、正々堂々と怒りを表明するべきなんじゃないか。「アバランチ」が引き起こす「雪崩」は、この社会を変えるためのアジテーションのように見える。


きっとこれからリナ(高橋メアリージュン)や打本が「アバランチ」に加わった理由も明かされていくだろう。もちろん羽生(綾野剛)が巻き込まれた、あの爆破事故の真相も。


そのときにまだ見て見ぬふりをしていられるか。「アバランチ」のあの逆三角形のマークが宣戦布告している相手は、私たち大衆なのかもしれない。


そして、この第2話のキーマンとなったのが、牧原を演じる千葉雄大だ。千葉雄大の、俳優としての武器は「虚」の巧さだろう。千葉雄大のようなベビーフェイスの俳優はこれまでもたくさんいたが、年齢を重ねると合う役柄が少なくなるため、活動が狭まったり、肉体改造をして路線変更するなどの必要があった。


だが、千葉雄大は32歳になった今も「愛らしさ」を損なうことなく、順調にキャリアを重ねている。なぜ千葉雄大にはそれが可能か。その理由は、千葉雄大の中に「愛らしさ」と相反する「虚」が共存しているからだろう。

千葉雄大の視線は、虚空だ。どこか対象を見ているようで見ていない。あざとく目をキラキラさせることもできれば、すっとブラックアウトさせることもできる。瞳の輝度を自在に操る力があるから、つい視聴者は彼が何を見ているのか、その視線の先を探りたくなる。


この牧原でもそうだ。打本に「ちょっと。俺を誰だと思っているの」と軽口を叩いて、パソコンに向かう。その目は笑っているのに笑っていない。何も説明しなくても、彼が無邪気なハッカーではないことがわかる。


そして、それはその後の場面でより際立ってくる。姉を拉致した車は、盗難車だった。焦りと苛立ちで、珍しく感情を爆発させる牧原。その子どもっぽい怒り方に、千葉雄大のビジュアルが持つ「幼児性」がマッチする。その後の自らの境遇を語るくだりでは、大人気ない素振りを見せた自分を恥じるように、あえてなんでもない様子を装う。だけど、悲しみと悔しさに抗いきれないように次第に目が潤んでくる。でもその目はやっぱりどこか遠い何かを見ているようで。牧原の危うさに、つい引き寄せられてしまった。

こうしたアンバランスさは、内に「虚」を抱える千葉雄大だからこそできる表現。クライマックスで空を見上げて涙をこぼすシーンは、まるで意図せず感情がこぼれ出したみたいで、その生々しさが演技としての純度の高さに変換される。だから、つい視聴者ももらい泣きしてしまう。あんなにも透明な涙は、千葉雄大の専売特許。この牧原は、千葉雄大の真骨頂と言える役どころになりそうだ。


また、そんな牧原を温かく見守る羽生の人間味も今回の見どころのひとつだった。第1話ではダークな色気で視聴者を釘づけにした綾野剛だが、今回の羽生にはある種の「父性」が感じられた。


「夏川洋子とどういう関係?」と問う声は、低い。決してわかりやすい優しさはない。だけど、そこには不正を犯した政治家を糾弾するような威圧感はなく、むしろささくれ立った牧原の心をなだめる凪のような静けさがあった。

そこから距離をとり、牧原の告白を背中で受ける構図にも、羽生らしさが窺える。みんなが沈痛な面持ちで話を聞く中、羽生だけがふっと笑うのもいい。台詞は確かに愉快犯的なそれなんだけど、心にあるのは仲間の無念を絶対に晴らしてみせるという覚悟だ。羽生誠一の「誠」は誠実の「誠」。羽生がただの危険人物ではなく、そのルーツには今も正義を信じる刑事の魂があるのだと、綾野はこの第2話でしっかり証明してみせた。


これから回を重ねるごとに、どんどん羽生のキャラクターが立体的になってくるだろう。一見すると羽生は綾野剛の得意手と言える役どころだが、綾野剛のことだ、きっとそれだけじゃないところを見せてくれるはず。

羽生誠一は綾野剛の十八番にして新境地。そう唸らせてくれることを期待したい。



文:横川良明


【第3話あらすじ】

六車(板尾創路)と黒田(嶋田久作)の汚職を暴いたものの、黒幕である大山(渡部篤郎)がなかなか尻尾を出さないことを受けて、山守(木村佳乃)は、各界の超VIPが通う高級会員制サロン・悠源館を経営する黄月蘭子(国生さゆり)に次の狙いを定める。蘭子は、悠源館で交わされた密約や談合といった情報を利用し、総理大臣の郷原(利重剛)の信用をも得ていた。山守は、蘭子が隠し持つと言われる極秘情報が詰まった通称「Kファイル」を手に入れ、裏で糸を引く大山をあぶり出そうと考えたのだ。


牧原(千葉雄大)でも手出しできないほどのセキュリティーが導入されている悠源館に、身分を偽ってホステスとして潜入することになったリナ(高橋メアリージュン)。ここ数年、従業員のホステスが何人も不審死を遂げている悠源館に対し、リナはある特別な思いを抱えていた。そんなリナの怒りと悲しみを察した羽生(綾野剛)は、彼女を心配するが…。

その頃、西城(福士蒼汰)からアバランチの真の目的を問い詰められた山守は、3年前に起きた事件について語り始める。その一方で、アバランチの正体を突き止めようと暗躍する大山の手が、山守のすぐそばまで伸びてきて……。



『アバランチ』

毎週月曜夜10時~10時54分

カンテレ・フジテレビ系全国ネット

【出演】

綾野剛 福士蒼汰 千葉雄大 高橋メアリージュン 田中要次 利重剛 堀田茜 ・ 渡部篤郎(特別出演) 木村佳乃

【主題歌】

UVERworld(ソニー・ミュージックレーベルズ)

【監督】

藤井道人、三宅喜重(カンテレ)、山口健人

©カンテレ

関連リンク

  • 10/26 20:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます