山形の相田代表取締役が一部社員にパワハラ言動…第三者機関が認定、厳重注意処分

拡大画像を見る

 モンテディオ山形は26日、クラブ内のコンプライアンス違反に関してクラブ公式サイトで報告した。

 同クラブによると、第三者機関(弁護士事務所)による調査にて、相田健太郎代表取締役が一部社員に対してパワーハラスメントと評価される言動があったと認定された。26日に取締役会の問責決議が行われ、相田代表取締役には厳重注意の処分が下された。

 山形は「当クラブを応援してくださる、ファン・サポーター、スポンサー、正会員・賛助会員、自治体、地域の皆様など、全てのステークホルダーの皆様に、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 また、「本件を重く受け止め、今後このようなことが二度と発生しないよう、社内ルールや内部統制の整備を進めるとともにコンプライアンス意識を徹底していきます」とし、以下のような再発防止策を掲げている。

・社内外への通報制度・相談窓口について、制度の信頼性と理解を周知徹底(通報制度・相談窓口自体は既に設置済)
・定期的な社内アンケートや調査の実施によるモニタリング機能の強化
・社内研修・社内教育の実施
 

関連リンク

  • 10/26 19:45
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます