バトルプラン種牡馬引退 ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション、引退馬協会の受け入れ馬に

拡大画像を見る

 引退馬協会事務局は26日、『ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション』の受け入れ馬として新たに、バトルプラン、オースミコスモ、エスワンスペクターの3頭が加わったことを発表した。

 バトルプランは父エンパイアメーカー、母Flanders、母の父Seeking the Goldという血統。現役時代はニューオーリンズH(米G2)優勝、スティーヴンフォスターH(米G1)2着など6戦4勝。

 エンパイアメーカーの後継種牡馬として期待を集め、2011年からアロースタッドで供用された。産駒には重賞2勝のブレスジャーニー、2019年のアイビスサマーダッシュ覇者ライオンボスなどがいる。

 種牡馬を引退するにあたって、アロースタッドからの受け入れが決定。日高町の「ひだか・ホース・フレンズ」に仮移動後、最終けい養先は鹿児島・ホーストラストを予定している。

 オースミコスモは父フジキセキ、母タイセイカグラ、母の父モーニングフローリックという血統。

 現役時代は2003年関屋記念、2004年中山牝馬S・福島牝馬SとGIIIで3勝。引退後は繁殖馬となり、2008年から今年までに9頭を出産した。

 エスワンスペクターは父シャンハイ、母レディープロスパー、母の父ミナガワマンナという血統。

 2003年に佐賀競馬場でデビュー。ダートグレード競走のエーデルワイス賞(GIII)まで3連勝を挙げた。こちらも引退後は繁殖馬となり、2008年から今年までに10頭を出産した。

 オースミコスモ・エスワンスペクターはフォスターホースとして、ともに広富牧場からの受け入れが決定。北海道浦河町のCalm Days Farmに仮預託後、最終けい養先である鹿児島・ホーストラストに移動することになっている。

(認定NPO法人引退馬協会のホームページより)

関連リンク

  • 10/26 17:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます