高密度なバックライトで輝きを再現! シャープ、8K/4Kテレビ「AQUOS XLED」12月発売

拡大画像を見る

 シャープは10月26日にオンラインで記者会見を開き、新開発のmini LEDバックライトを搭載した8K/4Kテレビ「AQUOS XLED」の新製品5機種を発売すると発表した。
 

 同社の執行役員 喜多村和洋スマートディスプレイシステム事業本部長は、「テレビ事業は、これまでのAQUOS 4K・8KとAQUOS OLEDに、AQUOS XLEDが加わることで三つの柱になる。先進の技術で画質、音質、デザインを変えていく」と、AQUOS XLEDをフラグシップに位置付け、注力していく姿勢を明らかにした。
 AQUOS XLEDは、mini LEDを採用したことで、同社の従来機(4T-C65DN1)と比べて約72倍となる高密度なバックライトを実現。新開発の「アクティブmini LED駆動」技術により、映像に応じて表示エリアごとの明暗をきめ細かく制御することで、夕日や照明などの輝きを再現するなど、コントラストの表示性能が飛躍的に向上した。ピーク輝度は約3倍としている。
 バックライトの刷新に伴い、スピーカーシステムもアップグレード。画面下部に加え、上部やサイドにもスピーカーを配置した新開発の「ARSS+」(AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS)音響システムを搭載した。これにより、画面中央からセリフや音楽が聞こえてくるかのような感覚で映像と音声が一体となった臨場感を演出する。
 8Kテレビは約0.2cmの狭額縁設計「フローティングディスプレイ」デザインにより、まるで画面が空間に浮かんでいるかのような視聴体験を実現しているという。
 ラインアップと市場想定価格、発売日は次の通り。8Kに対応したDX1シリーズのAQUOS XLED「8T-C85DX1」が176万円前後、「8T-C75DX1」が82万円前後、「8T-C65DX1」が66万円前後で、いずれも12月10日に発売する。4Kに対応したDP1シリーズの「4T-C65DP1」は44万円前後で12月10日、「4T-C55DP1」は36万円前後で2月26日に発売する。

関連リンク

  • 10/26 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます