そよん[アザーカット&インタビュー]静かなる情熱とともに明かした決意「今後も風を巻き起こしていきたい」

昨年から今年にかけて、映像作品や朗読劇への出演、1st写真集『そよかぜ』の発売など、活動の幅を広げながらアクティブな展開を見せているそよん。これから大きな飛躍を遂げようとしている彼女の現在地、そして今後の展望に迫る。

インタビュー:山本奈緒
撮影:曽我美芽
ヘアメイク:清水深優
スタイリング:馳尾潤子(Jstyles)

1st写真集は、“彼女感”が出てるんじゃないかな

ーーこれまでさまざまな活動をしてきた中で、特に想い出深いエピソードはありますか?

そよん:
想い出深いエピソードは、いろいろありますね……やっぱり初めてグラビアを掲載させていただいた時は嬉しかったですね。自分が載っている雑誌がコンビニに並んでいるというのは、それまでなかったことだったのですごく新鮮でした。あと、初の遠征の撮影で沖縄に行ったのも想い出深いですね。

ーー今のお仕事の中心というと、グラビアの撮影なのでしょうか?

そよん:
撮影は多いですね。あとはファンイベントやラジオ、YouTubeなどが中心でしょうか。最近、ちょくちょくMVにも出させてもらっていて。Twitterのプロフィールにも“MVに出たい”と書いてますが、どんどんオファーくださいっていう意味を込めています(笑)。あとこれから公開される映画に出演しているのと、ドラマの撮影も決まっています。

ーーMVもそうですし、ドラマや映画は演技をするわけですが、演技についてはどうですか?

そよん:
演技はまだ初心者なので、勉強中ですね。でも、どんどん挑戦していきたいです。

ーー参考や目標にしている人はいますか?

そよん:
すごく身近なんですけど、同じ事務所の白石優愛ちゃん。一緒にレッスンを受けることもあって、本当に演技がウマいなぁと思うんです。カメレオンっていうか、いろんな役ができて。私は、自分の中でちゃんとその役を演じきれてないなっていうのを、演じながら思っちゃってる部分があるので。勉強不足だな、まだまだこれからだなって思っています。

ーー2020年末には、朗読劇<キミに贈る朗読劇「サトラレ〜the reading〜」>に出演しましたよね。

そよん:
はい。舞台の朗読バージョンみたいな感じで、二役やったんです。1つがナレーション役というか、あまり喜怒哀楽の感情が出ない司会役で、もう1つは逆に感情を剥き出しにする役だったんです。どちらかというと、自分的には感情を露わにする役の方が難しいんだなっていうのがわかりました。まったく逆の役だったからこそ、すごく勉強になりましたね。ナレーション役は感情が出にくいですけど、でもその出にくい中でも抑揚をつけたりとか、そういうところがポイントだったんです。そっちの方が私的にはやりやすかったっていうのはありました。もう1つの感情を出す役は、普段プライベートですごく怒ったりすることがないので、なかなか難しかったですね。自分の中にないものを演技でやるっていうのは難しいんだなって。

ーー激しい感情みたいなものを表現するのが難しかった?

そよん:
難しかったです。でも、いい経験になりました。自分の短所、弱点がわかりましたね。

ーーこれからチャレンジしたいことはありますか?

そよん:
先ほども言いましたが、MVにもっと出たいですね。そういった演技にはどんどんトライしながら、映画にも出たいです。あと、初の写真集も売れてほしいです。

ーー1st写真集『そよかぜ』が、9月10日に発売されましたね。

そよん:
はい。初回限定版は予約ですぐ売り切れてしまって。ぜひ通常版を手に取ってもらえればと思います。

ーーグラビアやファッションモデルをされているので、写真を撮られることには慣れていると思いますが、写真集をやってみてどうでしたか?

そよん:
普段よりさらに素に近いっていうか、“彼女感”が出てるんじゃないかなって。あまり作り込んでないというのが今回の写真集のポイントかなって思います。でも、ウィッグを被ったカットとかもあって、“ロングそよん”を見れたりもします。いろいろな私が楽しめると思いますので、ぜひ見てほしいです。

ーー撮影はどこで行なったのでしょうか?

そよん:
鎌倉や江ノ島に行って撮影しました。海の近くでデートしている気分も味わえるかと。

ーータイトルは、もちろん名前にちなんでいるんですよね?

そよん:
はい。“そよん”と“風”をかけています。風を吹き起こすような人になれるように想いを込めて。

ーー微風ではなく、すごい風が起きそうですね(笑)。最後に読者にメッセージをお願いします。

そよん:
今後も風を巻き起こしていきたいと思うので、応援のほどよろしくお願いします。あと、今回撮影した写真がパネルなどになって期間限定(2021年10月28日まで)で販売されていますので、そちらも買っていただけたら嬉しいです。

惜しくも誌面には掲載されなかった秘蔵写真を使用! 10/28までしか買えない期間限定プレミアムアイテム

そよんの本書アウトテイク写真を使用したパネル、アクリルパネル、アクリルキューブが発売中。パネルとアクリルパネルは大型A2サイズで、タレント本人のサイン付き。全アイテムが、2021年10月28日(木)までの期間限定の完全受注販売。

■■■直筆サイン入り特大A2アクリルパネル■■■
価格:各¥55,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×5mm)/1,700g

■■■アクリルキューブ■■■
価格:各¥19,800(税込/送料別)
サイズ:120mm×120mm×20mm/500g
※サインは入りません。

■■■直筆サイン入り特大A2写真パネル■■■/span>
価格:各¥11,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×7mm)

■受注期間
2021年10月28日(木)23:59まで

■発送時期
本商品は2021年12月上旬以降の発送を予定しております。ご注文いただいたお日にちの順番に応じて配送を開始。地域によって配送状況が異なる場合がございますので、予めご了承ください。また、事前に個別での配送日のご案内や日時指定はお受けできません。

※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。

■注意事項
※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。
※キャンセル不可商品となります。
※お客様の都合によるお届け済みの商品のお取り替え、ご返品はご容赦願います。
※未成年者の場合は親権者の同意を得た上でご購入ください。
※アーティストのサインのみ、お客様の宛名の記入はございません。なお、サインを書き込む位置の指定はできません。
※サインはアーティストが自筆で記入するため、その過程において一部汚れや傷、折れが発生している場合がございます。返品・交換などの対応はいたしかねますので、ご了承ください。
※パネルは素材、印刷、加工の特性上それぞれ仕上がりが異なり、多少のかすれ、インクの写りなどに個体差ございますが、不良品ではございません。
※商品到着時に状態をご確認いただき、運送の上の都合によるキズ・へこみが見られる場合はまずは運送会社にお問い合わせください。

関連リンク

Pop'n'Roll ONLINE STORE(そよんプレミアムグッツ販売)

本の質感だからこそ伝えられる美しさ 写真集のように写真1点1点を大きく掲載!

そよんのインタビューを全編収録した『PnR』vol.1、全国の書店、WEB書店、レコードショップなどで発売中。

表紙&巻頭の26時のマスカレイドの来栖りんをはじめ、熊澤風花(Task have Fun)、寺坂ユミ(純情のアフィリア)、村田実果子(BLACKNAZARENE)、西葉瑞希、篠原みなみ、そよんが登場。

それぞれ20ページ前後のボリュームで、撮り下ろし写真とともに、これまでの人生をじっくりと振り返った約10,000字のインタビューを掲載。

今、大きな輝きを放っているアイドル、グラビアタレント、コスプレイヤー、女優の素顔や生き様を、美しい写真とロングインタビューで赤裸々にお届けする1冊。

発売日:2021年9月29日(水)
仕様:A4判/144ページ(オールカラー)
価格:¥1,980(税込)

■表紙
来栖りん(26時のマスカレイド)

■出演
熊澤風花(Task have Fun)
寺坂ユミ(純情のアフィリア)
村田実果子(BLACKNAZARENE)
西葉瑞希
篠原みなみ
そよん

関連リンク

『PnR』vol.1Amazon販売ページ『PnR』vol.1楽天ブックス販売ページ『PnR』vol.1タワーレコード オンライン販売ページ

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/26 18:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます