家庭向けのガス料金プラン「ソフトバンクガス Powered by TEPCO」販売開始

拡大画像を見る

 ソフトバンクと東京電力エナジーパートナー(東電EP)は、家庭向けガス販売に関する業務提携契約を締結した。この業務提携により、ソフトバンクは東電EPが提供するガスの販売代理事業者として、家庭向けのガス料金プラン「ソフトバンクガス Powered by TEPCO」を、2021年10月26日から販売開始することを発表した。

 ソフトバンクガス Powered by TEPCOは、東京ガスエリアに居住し、SBパワーが提供する電力供給サービス「おうちでんき」利用者を対象としたガス料金プラン。
 ガス料金は、東京ガスの一般料金と比べて約3%安くなり、料金適用開始から1年間は毎月のガス料金が5%割引される「スタート割」が適用される。さらに、ソフトバンクガス Powered by TEPCOを利用すると「おうちでんき」やソフトバンクが提供する通信サービスの料金もおトクになるメニューが用意され、ソフトバンクが提供するスマートフォンやタブレット1回線につき通信費が2年間、月110円割引きになる。(3年目以降は月55円の割引き)
 「おうちでんき」は「おうちでんきガスセット割」が、ソフトバンクやワイモバイルのスマートフォン・タブレット、固定通信サービスなどを利用している人には「おうち割」がそれぞれ適用される。
 申し込みは、関東エリアのソフトバンクショップ、ワイモバイルショップおよびソフトバンク・ワイモバイルを取り扱う家電量販店で受け付けている。

関連リンク

  • 10/26 16:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます