電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」 色調を調節できる6.8型ディスプレー

拡大画像を見る

Amazon(アマゾン)は、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」第11世代モデル3機種を2021年10月27日に発売する。

最大10週間持続可能なバッテリー

いずれも16階調グレースケールの6.8型「Amazon Paperwhiteディスプレー」を搭載。光の反射を抑え、本物の紙のように表示できるよう輝度を前モデルと比べ最大10%向上したという。また色調調節が可能になり、明るいホワイトやあたたかみのあるアンバーから選べる。

共通の主な仕様は最大10週間持続可能なバッテリーを内蔵。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANをサポート。IPX8防水性能を備える。

スタンダードモデル「Kindle Paperwhite」はストレージ容量8GB。価格は、広告ありモデルが1万4980円(以下全て税込)、広告なしモデルが1万6980円。

「Kindle Paperwhite シグ二チャー エディション」はストレージ容量32GB。自動明るさ調整機能、「Kindle」シリーズ初となる「Qi(チー)」規格準拠のワイヤレス充電機能を搭載する。

価格は1万9980円。

子供向け「Kindle Paperwhite キッズモデル」はストレージ容量8GB。名作から最新のベストセラーまで1000冊以上の書籍を、1年間追加料金無しで楽しめる「Amazon Kids+」を提供する(使い放題期間終了後は有料プランへ自動更新)。ブラック、エメラルドフォレスト、ロボットドリームの3種の保護カバー「キッズカバー」から1種を選択可能だ。

価格は1万6980円。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/26 15:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます