ライアン・ゴズリングがバービーの恋人ケンに! マーゴット・ロビー主演の実写映画

拡大画像を見る

 マーゴット・ロビーが主演するバービー人形の実写映画で、バービーのボーイフレンド、ケン役にライアン・ゴズリングが決まりそうだ。

 Deadlineによると、ライアンが現在交渉の最終段階にあると関係者が証言したという。

 本作は、マテル社の人形、バービーを主人公に、ワーナー・ブラザースが実写映画化するもの。マーゴットがバービーを演じ、『レディ・バード』でアカデミー賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグがメガホンをとる。

 当初からケン役の唯一の候補として、ライアンの名前が挙がっていたものの、スケジュールの関係で断念していた。しかし、製作準備に時間が掛かったことから、ライアンのスケジュールと調整がつくことがわかり、交渉に入ったという。すでに交渉締結の一歩手前にあり、2022年はじめから撮影開始を目指しているそうだ。

 脚本は、ガーウィグ監督と、『マリッジ・ストーリー』でアカデミー賞候補入りしたノア・バームバックが共同で手掛ける。ストーリーに関してはまだ明かになっていないものの、2人の作風を鑑みると、典型的なお人形の物語とはならないとみられている。

 マーゴットは、自身の制作会社ラッキー・チャンプ・エンターテイメントを通じ、トム・アッカリーと共にプロデューサーを務める。また、マテル社のCEOイノン・クレイズが製作総指揮に名を連ねる。

 ライアンは、ルッソ兄弟がメガホンを取り、クリス・エヴァンスと共演したNetflixのアクション映画『The Gray Man(原題)』の撮影を終えたところ。

関連リンク

  • 10/26 12:37
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます