今夜、最後の『学校へ行こう!』放送 V6が「未成年の主張」で涙 「6人旅」企画も

拡大画像を見る

 V6が出演する、伝説のバラエティ番組13年ぶりの復活スペシャル『学校へ行こう!2021』(TBS系)が、今夜19時より3時間にわたり生放送。「未成年の主張」や「V6の6人旅」、さらに「聞いてよV6」など往年の人気コーナーがよみがえる。

 『学校へ行こう!』は、1997年10月より約11年間(2005年4月からは『学校へ行こう!MAX』にリニューアル)放送したバラエティ番組。生徒たちの悩みや疑問を調査・解決という趣向で、V6メンバーが直接学校などへロケに出向いて生徒たちと出会い、さまざまな企画を生み出してきた。そんな『学校へ行こう!』が今夜、ついに最後の放送となる。
 
 「未成年の主張」では、今年も爆笑ものの主張から、思わずキュンとしてしまう告白まで、生徒たちが現在悩んでいることや誰かに伝えたい思いなど、思いのたけを屋上から叫ぶ姿を放送。今も昔も変わらない、生徒たちの熱い主張に、V6のメンバーも思わず涙する。

 「V6の6人旅」では、内容を何も知らされていない6人が那須塩原を旅することに。久々の6人ドライブに胸を躍らせ出発すると、行く先々でさまざまなサプライズが待ち受けており、全員が大興奮。さらに『学校へ行こう!』を彩った懐かしい面々との再会も。

 そして「聞いてよV6」では、事前に全国の学校にカメラを置いて、生徒たちからV6に聞いてほしいメッセージを募集、そのVTRを見てV6が気になった生徒のもとに向かうことに。井ノ原快彦&岡田准一は、閉校になる学校に行き、廃材や思い出の品を使って生徒たちとボート作りに挑戦。坂本昌行&三宅健は工業高校の生徒たちが作った巨大ジェンガで対戦。そして長野博&森田剛は、どうしてもリフティングができないフットサル部員を訪問する。

 ほかにも、過去に放送分から、「B‐RAPハイスクール」など人気企画の爆笑名場面もたっぷり放送する。

 『学校へ行こう!2021』はTBS系にて、10月26日19時より3時間生放送。

関連リンク

  • 10/26 11:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます