タル・ベーラ監督『サタンタンゴ』以前の日本劇場未公開3作品一挙上映

拡大画像を見る

『サタンタンゴ』『ニーチェの馬』などの傑作を生み出した巨匠タル・ベーラ監督が初期に手掛けた、日本初公開3作品の4Kデジタル・レストア版が一挙上映されることが決定。併せてビジュアルも解禁となった。

今回公開となるのは、タル・ベーラ監督の初期作品『ダムネーション/天罰』、『ファミリー・ネスト』、『アウトサイダー』の3作。94年に手掛けた全150カット、上映時間7時間18分の伝説的傑作『サタンタンゴ』に至るまでの軌跡をたどることができる、伝説前夜のラインアップとなっている。

『ダムネーション/天罰』(1988年/121分/モノクロ)

『サタンタンゴ』原作者であり、本作以降全ての作品で共同作業を行う作家クラスナホルカイ・ラースローがはじめて脚本を担当。さらに『秋の暦』から音楽を手掛けるヴィーグ・ミハーイが本作にも携わり、“タル・ベーラ スタイル”が確立された記念碑的作品。罪に絡めとられていく人々の姿を 「映画史上最も素晴らしいモノクロームショット」(Village Voice)で捉えている。

『ファミリー・ネスト』(1977年/105分/モノクロ)

わずか22歳で手掛けた鮮烈な監督デビュー作。住宅難のブダペストで夫の両親と同居する若い夫婦の姿を、16ミリカメラを用いてドキュメンタリータッチで撮影。不法占拠している労働者を追い立てる警察官の暴力を撮影して逮捕されたタル・ベーラ自身の経験を基にしている。ハンガリー批評家賞の新人監督賞、さらにマンハイム国際映画祭でグランプリを獲得した。

『アウトサイダー』(1981年/128分/カラー)

ブダペストの映画芸術アカデミーに在籍中に製作された長編2作目。社会に適合できないミュージシャンの姿を描いた、珍しいカラー作品。タル・ベーラは本作に対し、「当時のハンガリー映画に映っているのは嘘ばかりだった。本当の人々の姿を撮りたかった。これは映画に対するアンチテーゼだ」と語っている。

いずれの作品も今回が日本初公開であり、4Kデジタル・レストア版で一挙上映される。タル・ベーラがいかにして唯一無二の映画作家となったのか。自らの目で確かめることのできる絶好の機会となりそうだ。

『ダムネーション/天罰』、『ファミリー・ネスト』、『アウトサイダー』は2022年1月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて一挙公開。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/26 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます