育て方のポイントも!秋からはじめる多肉植物

拡大画像を見る

寄せ植えなど、かわいい見た目で人気の多肉植物。涼しくて湿度が低くなる秋は、初心者が育て始めるのにピッタリの季節なのだそう。選ぶ時のポイントや育て方のコツを専門家に聞きました。



生育時期によって「春秋型」「冬型」などに分かれている多肉植物。初心者が今から育てるなら、春・秋に成長して、夏・冬は休眠する「春秋型」がおすすめ。「成長期の方が水やりのタイミングがつかみやすいので、失敗が少ないです」と話すのは「咲くやこの花館」の石田さん。また、多彩な多肉植物を集めた寄せ植えは、オシャレなインテリアとしても人気ですが「生育時期が同じものを選んで寄せ植えにしないと、水やりなどの管理が難しく、枯らしてしまうことも」とTARGETPLANTSの代表・倉橋健一さんはアドバイス。お店などでしっかり相談してから買うのがベストだそうです。

育て方

★Point.1 日の当たるところで
多肉植物はベランダなど、日の当たる風通しの良い屋外で育てて。室内で育てるなら、日当たりのよい窓辺に置いたり、定期的に日光浴を。

★Point.2 水のあげすぎに注意
春・秋は10日に1回程度、夏・冬は1カ月に1・2回程度、鉢の水が乾ききってから水やりを。「乾ききったときの鉢の重さを覚えておくと便利です」と石田さん。

★Point.3 定期的に植え替えを
多肉植物も成長するので鉢の植え替えが必要。「有料で植え替えのメンテナンスを行ったり、土選びなどの相談に乗ってくれるお店も」と倉橋さん。


初心者におすすめの多肉植物


黄色やピンクの花が咲く「コノフィツム」

種類の豊富さが魅力の「クラッスラ」

透明感のある葉が神秘的な「ハオルチア」



【教えてくれた人】
●「咲くやこの花館」石田真結子さん
熱帯から極地圏まで約5,500種の植物を栽培展示する屋内植物園。うち多肉植物は150~200品種を栽培。
-〈DATA〉-------------------
大阪市鶴見区緑地公園2-163
https://www.sakuyakonohana.jp/

●「TARGETPLANTS」
観葉植物や多肉植物、フラワーアレンジメントなど幅広くそろうグリーンショップ。種類が豊富で、選び方や成育環境など、詳しく相談しながら購入できるところが魅力です。植え替え(有料)などのメンテナンスにも対応。
-〈DATA〉-------------------
大阪市北区紅梅町6-20-301
https://www.targetplants.jp/

関連リンク

  • 10/26 10:00
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます