「第36回わんぱく相撲全国大会」が両国国技館で開催!YouTubeにて配信も実施


公益社団法人東京青年会議所が、10月31日(日)午前8時より、公益財団法人日本相撲連盟との共催で、「第36回わんぱく相撲全国大会『勇気・礼節・感謝』~心にいつもわんぱくピース!!!~」を両国国技館にて開催する。

小学生対象で最大規模の相撲大会


わんぱく相撲は、小学4年生から6年生が参加し、日本国内200地区の予選大会から勝ち上がり、東京・両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会。


地方大会からの参加者は約40,000人と、まさに、日本の小学生力士の晴れ舞台だ。

各学年の横綱・大関・関脇・小結を決定

今回開催の「第36回わんぱく相撲全国大会『勇気・礼節・感謝』~心にいつもわんぱくピース!!!~」では、小学4年生から6年生による学年別トーナメント方式で、わんぱく相撲の取組を行い、各学年、横綱・大関・関脇・小結を決定し表彰。

本年度スローガン『勇気・礼節・感謝』と大会テーマ「Challenge」することの大切さを体験から学び、また、勝つ喜び、負ける悔しさを経験するだけでなく、取組後に感謝の気持ちを持って互いに礼をする事で、勝ち負けに関係なく、互いを敬い思いやる心を育む。

大会の様子を公式YouTubeにて配信

同大会の様子は、公益社団法人東京青年会議所の公式YouTubeにて配信。事前登録は不要で、無料で視聴することができる。

全国から集まった小学生力士たちの取組を、オンラインで応援しよう!

画像をもっと見る

  • 10/26 12:01
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます