クラシコで途中交代…バルサのF・デ・ヨングがハムストリングを痛め戦列を離脱

拡大画像を見る

 バルセロナは25日、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの負傷について発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 バルセロナは24日に行われたラ・リーガ第10節でレアル・マドリードと対戦。1-2で敗れたこの試合にスタメン出場を果たした F・デ・ヨングは、77分にMFセルジ・ロベルトと交代でピッチを後にしていた。
 
 同クラブは試合後、F・デ・ヨングのメディカルレポートを発表。右足のハムストリングを痛め戦列を離脱すると明かした。離脱期間は明かされていないものの、これまで公式戦11試合に出場している同選手の離脱はバルセロナにとって大きな痛手となりそうだ。

関連リンク

  • 10/26 11:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます