KinKi Kids堂本剛とTravis Japanの「密接距離感」発覚!光一とは「ホールドキス」…トラジャが「11・12デビュー」なにわ男子の対抗馬「最右翼」!?

拡大画像を見る

 KinKi Kidsの堂本剛(42)が10月25日放送のラジオ番組『KinKiKids どんなもんヤ!』(文化放送)でジャニーズJr.の人気ユニット・Travis Japan(トラジャ)に言及し、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 トラジャはYouTubeにダンスチャンネル『+81 DANCE STUDIO』を開設。田原俊彦(60)や光GENJIといった往年のジャニーズタレントから、嵐、TOKIOなどの楽曲に独自の振り付けをつけたダンスを披露している。

 そんなトラジャが、剛とTOKIO・国分太一(47)によるユニット「トラジ・ハイジ」の『ファンタスティポ』を踊っており、本家とは異なる振り付けだが、トラジャらしさが出ていたというリスナーからのメッセージを紹介。

 剛は「Travis Japanはいろいろ……“好きよ~”言うてくれるので、“ありがとう”って言うてますけれども。(松倉)海斗とかね、気にかけてくれて、よくしてくれるんですけれども」と、メンバーの松倉海斗(23)との交流について明らかにした。

 続けて、「それこそ本人にも伝えましたけれども、“何でも曲使って遊んでくれていいよ”って言いました。“いいんですか?”、“いいよ別に”」とも語った。

 さらに「僕もダンス好きで、YouTubeとかでもダンスのYouTubeとかよく見るんですけど。ダンサーの友達とかもそうですけど、踊れる人の音の取り方を見ているのがものすごく楽しくて」とYouTubeでダンス動画をよく見ているとも話した。

 クラシック音楽のように、譜面通りに踊るダンスもあるとしつつ、剛は「自分が感じ取って、こういうふうな表現をしましたっていう、その人次第で見え方、聞かせ方、感じ方を変えるっていう。そのエンターテインメントがすごく好き」という。

 また、「Travis JapanのYouTubeでね、いろいろな試みをやっていくっていうのは、いろんな人たちが楽しめることにもつながっていると思うので、是非これからも楽しんでいろいろやっていただきたいと思っております!」とトラジャにエールを送った。

■松田元太は堂本光一に“ホールドキス”!

 剛の言葉に、ファンからは「トラジャYouTubeのお話有難い! KinKiファンの方々にもたくさん 見て欲しいなぁ〜〜!!」「剛さん、まちゅのことカイトって呼んでるのか!!!」「ここでの『カイト』は松倉海斗くんのことですかね? 本人にもメッセージくださったとのこと……! あたたかいやり取り!」といったコメントが寄せられている。

「剛が松倉のことを“海斗”と下の名前で呼ぶほど近い距離にあったとは驚きです。ただ、松倉はかねてより“剛ファン”を公言してきましたから、松倉の熱い思いが実って剛との交流が始まったのではないでしょうか。トラジャといえば、メンバーの松田元太(22)も堂本光一(42)と深い関係にありますよね」(女性誌ライター)

 松田は光一が主演を務める舞台『Endless SHOCK』に出演している。そんな松田は、雑誌のインタビューで「光一くんと一緒に飲んでいるときにめっちゃ煽ってキスを迫ったら、最初は嫌がっていたけどホールドしてキスをしてくれた。証拠写真も大切に保存している」と告白。

 これを受け、光一は7月19日の『どんなもんヤ!』で「あいつ(松田)はそういうノリなんですよね。あいつ、いくつやったっけ? 20歳ぐらい?」とし「もう退所されましたけど、俺とマッチ(近藤真彦)さんとか。俺と少年隊・東山(紀之)さんだったら12個違うのね、年齡が。それよりもあいつとは離れてんねん」とコメント。

 さらに「やっぱりマッチさんにしても、それは退所されたとしても僕にとっては永遠の先輩であったりだとか。みなさんそうじゃないですか、自分の先輩って。背筋がものすごい伸びるんですよね」と説明。しかし、松田については「“背筋が伸びるってどういう意味ですか? ストレッチすることですか?”みたいな、そんなぐらいのヤツですからね。まあ、いいですよ」と語った。

■なにわ男子デビューで“おあずけ状態”のトラジャに焦り!?

 前出の女性誌ライターが続ける。

「光一にしても松田は憎めない愛すべき後輩なんでしょうね。トラジャはデビュー間近とささやかれているものの、なかなかCDデビューに至らず、同世代のSnow ManやSixTONESのみならず、後輩のなにわ男子にも先を越されてしまいました」

 11月12日、関西ジャニーズJr.のなにわ男子が『初心LOVE(うぶらぶ)』でCDデビューを果たす。

「なかなかCDデビューできないことにトラジャメンバーも焦りを感じているかもしれませんね。ただ、ジャニーズ事務所内でも独自のポジションを築いている剛、そして後輩グループのコンサートや舞台の演出を手掛け、今や事務所内でも大きな影響力を持つと言われる光一、キンキ2人の熱いサポートを受け、トラジャがなにわ男子の対抗馬としてデビューする日も近いのかもしれないですね」(前同)

 なにわ男子とトラジャが、SnowManとSixTONESのようにライバルグループとして切磋琢磨する日は近い!?

関連リンク

  • 10/26 11:29
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます