井ノ原快彦「解散まであと7日」V6「最後の音楽番組」で“一世一代の大スベリ”に「ザワッ」!!

拡大画像を見る

「V6最後の音楽番組で、いきなり井ノ原快彦さん(45)がやってくれましたね」

 こう話すのは女性誌編集者。11月1日に解散をするV6の活動期間はあと7日間。10月25日、彼らは『CDTV ライブ! ライブ!』(TBS系)に生出演を果たした。

 同番組が解散前、最後の音楽番組出演となったV6は、番組で26年に渡るグループの歴史を振り返ったほか、9月4日に発売したアルバム『STEP』から『家族』、大ヒット曲メドレーと題して『MUSIC FOR THE PEOPLE』『愛なんだ』『WAになっておどろう』、そしてテレビでは最初で最後の披露となる『目を閉じれば』を披露して出演を終えた。

「今回の放送は、番組が始まるとすぐに薄暗いスタジオに進行役の江藤愛アナウンサー(35)が現れ、“さあ、今夜が音楽番組最後の出演となります。V6のみなさんです”と紹介。その直後、スタジオに明かりがついてV6が登場しました。

 BGMもなく、しっとりとした照明もあいまって非常に神妙な雰囲気になっていたのですが、そんな中でいきなり井ノ原が口を開きました。

 井ノ原はなんと“ヘイヘイヘーイ! みなさーん、こんばんわ~!”とおどけて挨拶。三宅健(42)や岡田准一(40)の笑顔が見えたものの、井ノ原の“ボケ挨拶”は完全にスべっていました。井ノ原もそれを察したのか、“そういうのじゃなかった!? ごめんなさい、ごめんなさい。ちょっとこういう照明と合わなかった”と笑顔で話しました」(テレビ誌ライター)

■「イノッチのテンションどうした」

 井ノ原の冒頭の振る舞いに対して、「イノッチが初っ端から飛ばしてすべってる CDTV、V6最後の音楽番組出演ですよ」「CDTV見る オープニングの挨拶を任されたので100でチョケたら思いの外照明がしっとりしててイノッチがスベった」「イノッチのテンションどうした」といった声がネットにも寄せられていた。

「V6最後の音楽番組出演の冒頭で思い切りスべり、視聴者をざわつかせてしまった井ノ原さんですが、彼の中では、V6は最後も笑顔で締めたい、という思いが強かったのではないでしょうか。井ノ原さんは、番組序盤にあったV6の過去の音楽番組での活躍をVTRで振り返るコーナーでも、ワイプで他のメンバーが真面目な表情を見せる中、嬉しそうな笑顔を見せていました。

 そんな彼だからこそ、神妙な空気が流れるスタジオの雰囲気を打破しようと、オープニングで場違いなボケをやったのかもしれません。結果的にそれは“一世一代の大スベリ”と言えそうなものになってしまいましたが、そうなったのも井ノ原さんのグループを想う気持ちがあったからではないでしょうか」(前出の女性誌編集者)

 イノッチの大スベリで幕を開けたV6最後の音楽番組出演は、メンバーの笑顔で幕を閉じた――。

関連リンク

  • 10/26 11:08
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます