「じゃない方の彼女」山下美月が濱田岳にキス 終盤3分の展開に「まさか」「マジか」と衝撃走る

【モデルプレス=2021/10/26】俳優の濱田岳が主演を務めるテレビ東京系連続ドラマ「じゃない方の彼女」(毎週月曜よる11時06分~)の第3話が25日、放送された。山下美月のキスシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆濱田岳主演「じゃない方の彼女」

企画・原作を秋元康が務める同作は、主人公の真面目な大学准教授・小谷雅也(濱田)が、ナチュラルに男性を虜にしてしまう女子大生・野々山怜子(山下)に翻弄され振り回される、今までにない全く新しい不倫コメディ。

◆山下美月、濱田岳にキス

勤務先の大学の学生である怜子との関係が徐々に深まっていくことに対し罪悪感を覚えた雅也は、怜子と少し距離を置くことに。しかし、怜子は雅也の机にメッセージ付きの差し入れを行う。

それを雅也に問いただされた怜子は「深い意味は無いんです」と弁解。今後一切の関わりをやめようと改めて提案した雅也だったが、怜子は「嫌です。先生のことが好きだから」と大胆に告白。

まっすぐに好意を伝える怜子の姿を受けて「辞めてくれないかな」と動揺しつつもその場を後にする雅也だったが、怜子は走って雅也をバッグハグ。「誰が何と言おうとこれが私の本心です」と告げ、そのままキスをしたのだった。

◆山下美月のキスシーンに衝撃の声

物語の終盤で突如キスをした怜子。

このシーンを受け、ネット上では「キスシーン、長い…」「これはびっくり」「マジか…」「怜子さすが魔性の女」「まさかの展開」など多くの驚きの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/26 10:46
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます