いつも無意識に言ってない?男が「重い」と感じるセリフ

拡大画像を見る

いつも無意識に言っているセリフが、相手にとっては負担になることも。
そこで今回は、男性が言われて「重い」と感じるセリフを4つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


「帰ったら連絡して」

恋人に「帰ったら連絡して」と無意識に言っている女性は多いはず。社会人になれば帰宅時間もバラバラで、恋人として心配な気持ちもあるのでしょう。しかし、男性にとっては「重い」と感じるセリフでもあるんです。帰ったら必ず連絡することを負担に思う男性も多く、まるで保護者のようなセリフにも違和感を抱きます。束縛しているつもりはなくても、相手にとっては束縛に近い重さがあるのかもしれませんね。


「毎日好きって言って」

恋人に「毎日好きって言って」とお願いしてしまう女性もいますよね。愛情確認のために必要だと思っていることも、男性にとっては重く感じるセリフかもしれません。毎日「好き」と言わされる立場としては、正直しんどい気持ちもあるのでしょう。男性からしてみたら、言葉以外の面でも愛情を感じてほしいところ。必要以上に愛の言葉を催促するのは、相手の負担になる可能性が高いです。


「結婚したら~」

恋人との結婚を夢見る女性は、無意識に「結婚したら~」と将来の話を口にしがち。婚約している二人なら当たり前の会話ですが、恋人という関係の段階では「結婚したら~」のセリフが重く感じる男性は多いです。男性もいつか結婚したいと思っていても、頻繁に将来の話をされると怖気づいてしまうもの。女性は楽しく話しているだけのつもりでも、男性にプレッシャーを与えてしまうかもしれません。


「他の女の子と連絡取らないで」

恋人を独占したい気持ちで「他の女の子と連絡取らないで」と言ってしまう女性は要注意!男性が最も重いと感じるセリフで、恋人としても重い存在だと認識されやすいです。嫉妬する気持ちもわかりますが、他の女性との連絡をすべて絶つのは難しいこと。社会人としての付き合いもあるので、どうにもできないこともあるでしょう。極端な要求は恋人を困らせてしまうので、自分の考えを改めることも大切ですよ。
男性が「重い」と感じるセリフは参考になりましたか?自分では無意識に言っているセリフが、相手の負担になってしまうことも。相手が重いと感じるセリフは、できるだけ控えるようにしたいですね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/26 9:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます