なにわ男子「with」特集記録が異例の快挙「なんか盛れてる」本人も納得のビジュアル披露

【モデルプレス=2021/10/26】関西ジャニーズJr.内グループ・なにわ男子が、10月28日発売の「with」12月号に登場。「もう1つの顔」にアプローチしたインタビューで、仕事への思いなどを語った。

◆なにわ男子「with」10ページの特集に登場

いよいよ11月12日に待望のCDデビューを控える注目のアーティスト・なにわ男子が「with」に揃って登場。7人の記念すべきデビューを祝し、10ページの特集となっている。

グループ結成後3年間で早くも5回目の登場という特集記録は、ジャニーズJr.として異例ともいえる快挙。なにわ男子の注目度&人気の高さを物語る数字だが、撮影現場では常に謙虚でナチュラル。12月号の撮影でもその姿勢を変えることなくまっすぐに取材に向き合い、全力で「なにわ男子らしさ」を表現した。

◆なにわ男子の「もう1つの顔」にアプローチ

デビュー曲「初心LOVE」のイメージそのままに、キラキラと爽やかな7人。笑顔がよく似合うピースフルな空気感はなにわ男子の大きな魅力だが、今回「with」がアプローチしたのは彼らが見せる「もう1つの顔」。ちょっとオトナなストリートスタイルに身を包んだ7人をCOOLに、艶やかにとらえた。

1人1ページずつ、と贅沢な構成でお届けするソロページではメンバーそれぞれが表現力の高さを発揮。美しさ、少年っぽさ、シャープさ、ほんのり滲みでる色っぽさ…などあらゆる魅力がぎゅっと凝縮された世界に。現場では、モニターに映る写真を見て「わ、なんか盛れてる!記念に写真撮っておこう」と自らの携帯電話におさめるメンバーの姿も。本人たちも納得のビジュアルで魅せるグラビアが掲載されている。

またインタビューでも、なにわ男子の“かっこよさ”に注目。関西ジャニーズJr.の先頭を走る存在としてそれぞれがキャリアを重ね、歌やダンス、トークなどパフォーマンス面でも着実に進化を遂げてきたメンバーの「おシゴト観」や「ターニングポイント」などにフォーカスをあてている。圧倒的な輝きを放つ7人の生きる姿勢、仕事への思いなどその真摯さを感じることができる言葉の数々に注目だ。

◆なにわ男子、抜群のチームワーク&愛され力を発揮

もちろん、わちゃわちゃとキュートな姿も逃すことなくキャッチ。スマイルパートの撮影で、衣装のキャップを互いにかぶせあいとびきりの笑顔を見せたのは、西畑大吾&大橋和也&道枝駿佑の3人。「自由に動いていいよ」のカメラマンの声を聞くや否や、気づけばフレームアウトするほど元気な道枝の姿に「みっちーは見た目はクールやけど、こういうときは子どもやな」とそばで見ていた藤原丈一郎もニッコリ。

待ち時間には大西流星と高橋恭平が一緒に自撮りをしたり、歌を歌ったりと今回もメンバーの仲の良さを披露していた。グループトークでは「メンバーと728分一緒にいたら?」など、個性豊かなキャラクターを感じるインタビューも。さらにパワーアップした7人の抜群のチームワークが感じられる。

スタッフの様子を見ながら「帽子かぶるからみんなおいでー」と大きな声で呼びかけた長尾謙杜、撮影終了後スタジオの隅々に至るまで挨拶をしていたリーダーの大橋…あたたかいムードとプロフェッショナルさが共存するメンバーの姿勢にも「なぜこんなにもなにわ男子が愛されるのか」、その理由が感じられる現場となった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/26 8:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます