超有名な高齢アイドルX、違法薬物疑惑で内偵されている? 生放送では絶対使えないタレント…

拡大画像を見る

 いまの中高年世代には人気絶頂だった往年のアイドルグループの中でも特に目立ち、いまでも芸能界でしぶとく生き残っているXが違法薬物である大麻やコカインなどの売買グループと非常に近い関係であることが周辺者の証言から明らかになった。

 過去、Xは大麻取締法違反で逮捕された人物との交流や怪しい男との接点なども取り沙汰されたことがあるとおり、脇が非常に甘く、悪ぶった男が好きな女というイメージがある。

 Xに対しての証言をするのは赤坂にある飲食店の経営者だ。

「彼女はよく来ていますよ。一緒に来る人間はその時に応じて変わりますが、少し前まではここらを仕切る反社の人間に連れてこられることが多く、いまは違法薬物を扱っている人間と週に2,3回の割合で飲食しに訪れます」(飲食店経営者)

 来店してから数時間は部屋にこもっているというXのグループだが、時間が経つと部屋からは大音量で音楽が流れて、店の備品こそ壊さないが、踊りながら暴れまわっている様子が部屋の外にも響き渡るという。

 一見して、違法薬物を扱っている人間と一般人とは見分けが付かないが、この証言をした人間は違法薬物を取締り部署からも事情聴取と協力要請を受けているのだ。

「コカインと大麻に絡んだ事情聴取と協力要請ですね。彼女が入る個室は決まっているのですが、来店予約が入ったら、すぐに連絡をして、そこの隣の部屋を使わせてほしい、Xが帰った後は、部屋の掃除をせず、現状のままに残してほしい」などと協力要請を受けたという。

 当然、この男性はその要請を拒否したが、事情聴取は3時間に及び、自身も違法薬物に関与していると疑われたために取締り当局に対しては非常に憤慨している。

 Xが最近大麻やコカインなどのグループと仲が良く、本人もやっているのではないか、という噂は数カ月前から問題視されていた。

「遊んだと思われる翌日は必ず収録に遅刻して、ほか共演者を怒らせるのは日常茶飯事。共演者は彼女より若いアイドルなどが多く、現場ではピリピリした空気が流れてとてもバラエティ番組の収録とは思えない時間が過ぎていくことも珍しくないとか」(某民放AD)

 実際にそのような空気感に堪えられずに共演NGにするタレントも多いという。

「ちぐはぐな発言も多く、いきなりブチ切れることも増えたというので、怖くて生放送では絶対に使えないタレントです」(前出某民放AD)

 マトリの捜査状況が漏れることは滅多にないのだが、協力を要請された証言者が明らかにしているので内偵されているのは確かなようだ。

  • 10/25 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • ***

    10/27 12:59

    また薬物ね。薬物犯罪は軽すぎるからあかん!初犯でも酌量無しの実刑10年位として再犯は処刑を熱望します、生きていても仕方ない人間のクズにはお似合いの最期\(^-^)/

  • はい来たぁ~‼️ TOCANAお得意のXだの、AやBなどw こんなネタ中学生でも書けるわ 具体的じゃ無さすぎwww

記事の無断転載を禁じます