【スワンS展望】昨年は単勝万馬券が出た波乱含みのGI前哨戦

拡大画像を見る

 マイルチャンピオンシップの前哨戦であると同時に、スプリンターズSからの間隔も中3週と適当なので、スプリント路線を主戦場にする馬たちのための秋の目標レースという側面も持つ。各馬の適性も思惑も様々なので、昨年は単勝140倍超のカツジが勝利するなど、中々すんなりとは決着しないレースになっている。

1.上がりが掛かる

 16年以降に行われた阪神芝1400m古馬重賞の、平均レース上がり3ハロンは34秒8。内回りコースであること、ゴール前に坂があることなどから、速い上がりが求められるレースにはなりにくい。

2.距離短縮組が優勢か

 16年以降に行われた阪神芝1400m古馬重賞の成績を、前走距離別で見てみると、距離延長組は[4-3-1-63]で複勝率11.3%、前走も1400mだった馬は[2-3-3-47]で複勝率14.5%なのに対し、距離短縮組は[6-6-8-54]で複勝率27.0%。

3.格の違いがものを言う

 過去10年のスワンS勝ち馬の内8頭には、それ以前に重賞を勝った実績があった。その内GIウィナーが2頭、GIIウィナーが3頭。実績馬が巻き返してくるケースも多い。

 サウンドキアラは昨年上半期に重賞3連勝した時の勢いは落ちているが、近5走中でヴィクトリアマイル以外は大きく負けているわけではなくまだまだやれるはず。同舞台の阪神Cで僅差4着だったこと、上がりの掛かる重賞を制した実績があることから条件に不安はなく、巻き返しを期待したい。

関連リンク

  • 10/26 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます