水谷豊『相棒』+米倉涼子『ドクターX』と「同価値」!驚異の日テレ「泣けるグルメバラエティ番組」の破壊力!!

拡大画像を見る

 ヒロミ(56)とバイきんぐの小峠英二(45)がMCを務めるグルメバラエティ番組『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)の勢いが止まらない。

 中京テレビが制作する同番組は「オモてなしすぎでオモしろいウマい店」を発掘するため、スタッフが日本中を大捜索するという内容で、『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の後番組として4月13日よりレギュラー放送がスタート。

『オモウマい店』は、2020年5月に特別番組として放送された際に「第47回放送文化基金賞」の「【番組部門】テレビエンターテインメント番組」の最優秀賞を受賞。レギュラー放送になってからも視聴率は高く、10月19日放送の2時間SPの平均世帯視聴率も14.8%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 2時間SPでは、徳島県徳島市の幼馴染2人で営むデカ盛りにもかかわらず、破格で料理を提供するラーメン店のほか、埼玉県滑川町の後進の育成に尽力する蕎麦店を紹介。面倒見のいい店主に番組ADも弟子入りする、という神展開となった。

 視聴者からは「蕎麦屋さんとADさんとの師弟愛や焼きそば屋のお母さんのドリフのコントの様なやり取り本当に最高でした」「火曜日の夕食で忙しい時間にあの内容で2時間も飽きずに観られるって、天才的な番組だと思う」といった好評の声が寄せられている。

「世帯視聴率もすごいですが、テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率も絶好調なんです。10月19日の2時間SPのコア視聴率は7.6%でしたからね。これはかなり高い数字です。

 視聴者の声にもありますが、『オモウマい店』は一般的なグルメ番組とは一線を画す内容で、笑いだけでなはなく、ときには感動で涙を誘う番組なんです。平日19時に家族そろってでも、一人暮らしでも楽しめる内容で、今求められているコア視聴率も高い。とんでもないバラエティ番組が出てきたな、という印象です」(民放キー局ディレクター)

■『相棒』&『ドクターX』は高視聴率でも……

 スタートからわずか半年足らずで大人気バラエティ番組となった『オモウマい店』。一方で、今クールの“ドラマの雄”といえば、水谷豊(69)主演の『相棒 season20』と米倉涼子主演(46)の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(ともにテレビ朝日系)だろう。

『オモウマい店』2時間SPと同じ週、10月20日放送の『相棒』第2話の世帯視聴率は14.5%、21日の『ドクターX』の2話は15.9%と高い視聴率をマークした。

『相棒』の第2話は、第1話「復活~口封じの死」から続くストーリーで、特命係が相島一之(59)演じる内閣官房長官・鶴田翁助が“黒幕”の事件解明に走った。

『ドクターX』の第2話には、野村萬斎(55)演じる“新たな敵”蜂須賀隆太郎と、西田敏行(73)演じる蛭間重勝の過去を知る銀座のクラブママ・二木麻也子役として夏川結衣(53)が登場。

「これだけ安定して高い世帯視聴率を記録するわけですから、『相棒』も『ドクターX』はテレビ朝日を牽引する看板ドラマですよね。ただ、実は両番組ともコア視聴率がめちゃくちゃ高いというわけではない。21日の『相棒』のコアは3.2%、『ドクターX』は4.4%でしたからね。

 両ドラマのコアを合計すると7.6%。同じ2時間ですが、『相棒』と『ドクターX』を足してようやく『オモウマい店』の2時間SPと同じ数字なんです。今、テレビ局が求めている数字としては『相棒』と『ドクターX』の2本と、『オモウマい店』が“同価値”だとも言える。

 それぐらい『オモウマい店』がすごいということですが、一方で、とんでもなく高い世帯視聴率を取る『相棒』と『ドクターX』のメイン視聴者がシニア層だ、ということもあらためて明らかになったわけです」(前出の民放キー局ディレクター)

 テレビ朝日の看板ドラマ『相棒』と『ドクターX』のように、快進撃を続ける『オモウマい店』が日本テレビの看板バラエティになる日も近い!?

関連リンク

  • 10/26 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます