清原果耶主演NHK朝ドラ『おかえりモネ』りょーちん・永瀬廉と未知がようやくのギュンギュン抱擁も、待ちかまえる「笑顔になれない最後」

拡大画像を見る

 清原果耶(19)主演のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の第116話が10月25日に放送され、“りょーちん”こと及川亮(永瀬廉/22)と、“みーちゃん”こと未知(蒔田彩珠/19)の抱擁シーンが、多くの視聴者を胸キュンさせたようだ。

 最終週「あなたが思う未来へ」の幕開けとなる今回は、百音(清原果耶)がラジオで天気予報を伝えている間の、菅波(坂口健太郎/30)と亮の会話シーンからスタート。百音への気持ちを語る菅波に、亮が「そんなに大事だと、怖くなりませんか? そんなに大事な人も、いつか失くすかもしれない」と問いかける。

 菅波は百音に目をやり「怖いですよ」と応じると、亮を真っすぐ見つめて「未来に対して僕らは無力です。でもだから、せめて今、目の前にいるその人を最大限大事にするほかに、恐怖に立ち向かうすべはない」と語りかけた。すると、亮はその言葉を噛みしめるような表情を浮かべた。

 そして、亮は未知が待つ、いつもの喫茶店へ。亮は「ずっと気になってたんだけど。時々、俺より苦しそうなんだよね。やっぱ、何かにずっと縛られてきたんだろうなって感じることがある。そういうのは、俺だから感じてやれんだよな」と、未知への思いを告白。

 続けて、「他のヤツには絶対分かんない。でも俺なら、みーちゃんが抱えてるもん、分かんなくても想像できる。それは、俺らだからだし。みーちゃん、心の底から笑えるようにしてやれんの、たぶん俺しかいない」と語り、「いつか笑えるようにしてやる」と訴えた。

■りょーちんとみーちゃんは離れ離れ?

 さらに、嵐のとき、転覆しそうな船の中で「このまま死ぬかも」とは思わなかったが、「みーちゃんに会いたいな」と思っていたと亮が明かすと、うなずく未知の目に涙が。亮は未知の横に座ると、微笑みながら「ごめん、結局泣かしたわ」と背中をさするが、未知が亮の腹にパンチを1発。

 そして、泣きながら肩に寄りかかる未知を優しく抱きとめ、亮が「やっぱ、泣くか、怒るか、どっちか」とポツリ。未知が「うるさい!」と言いながら亮の胸に顔をうずめると、亮が未知の頭を撫でながら抱きしめ、未知も亮の腕をギュッとつかむ。ようやく未知と寄り添うことができた亮は、愛しそうな笑顔を浮かべていた。

 2人の抱擁シーンに、視聴者はツイッター上で「みーちゃんの萌え袖でりょーちんの服をギュッとするのカワイイな。りょーちんの頭引き寄せる手も良かった。見てるこっちがギュンギュンです」「仲良く一緒に上を向いて歩んでいけそうなハグに感動」「廉くんの初めての胸キュンシーン初々しくてすごく良かった!」などと、多くの反響を寄せていた。

 最終週でようやく気持ちの通じ合えた2人だが、まだ油断はできない。オフィシャルサイトの予告フォトには、悩んでいるような未知の姿が見られる。父と母、姉はそれぞれ進みたい道を見つけているが、未知は東京の大学で研究するという誘いに対し、まだ決心できずにいるのだ。気持ちが結ばれたはいいが、気仙沼の漁師と東京の研究者として離れ離れになるという、前向きではあるが寂しい最後が待っているかもしれない。

 今週は『あさイチ』が特番放送のため、“朝ドラ受け”ができないMCの博多華丸(51)は、自身のツイッターで「りょーちんとみーちゃんの人目もはばからない抱擁 菅波先生のご挨拶 静かに見守ってます。静観放送です。。」とコメントしていた。放送も残りわずか。視聴者も2人の恋の行方をしっかり見守ることにしよう。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 10/26 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます