乃木坂46卒業発表の生田絵梨花、才色兼備&天真爛漫さが魅力 憧れボディも話題に【略歴】

【モデルプレス=2021/10/25】乃木坂46の生田絵梨花が25日、自身のオフィシャルブログを更新。2021年12月31日をもってグループを卒業することを発表した。ここでは生田の略歴をまとめる。

◆生田絵梨花、乃木坂46・1期生として活躍

1997年1月22日生まれのA型。出身は東京都(ドイツ・デュッセルドルフ生まれ)。2011年、乃木坂46の1期生として活動を開始し、在籍年数10年となる。10thシングル「何度目の青空か?」でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。

清楚な雰囲気や、バラエティーなどで見せる愛嬌のあるキャラクターなど天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了し愛されている。

生田の端正なルックスやスタイルは、女性の憧れとしても注目を集め、2019年に出版されたセカンド写真集『インターミッション』(講談社)は累計発行部数が33万部を突破。(2021年5月時点)

同年12月には、「男女問わず支持される新しい写真集のかたちを提示し、出版文化に大いに貢献した」と功績が評価され、講談社出版文化賞・特別賞も受賞した。

◆生田絵梨花、抜群の歌声でソロでミュージカルにも出演

抜群の歌唱力・演技力でグループ活動に加え、「ロミオ&ジュリエット」(17年、19年)、「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳~」(20年)など多数のミュージカルにも出演。2019年優れた芸術家らを表彰する「第44回 菊田一夫演劇賞」の演劇賞を受賞。2021年の「レ・ミゼラブル」では初めてヒロインのエポニーヌ役を演じた。

ピアノの腕前も抜群。実用英語技能検定2級、日本漢字能力検定準2級、実用数学技能検定3級、書道検定準7段に合格、書画展で金賞を受賞するなど、乃木坂46イチの才色兼備として知られる。

◆生田絵梨花、乃木坂46卒業を発表

生田はブログで「2021年12月31日をもって乃木坂46を卒業します」と発表。

「アイドルとしての人生は残り2ヶ月 10周年アルバムや、東京ドーム、歌番組、ミーグリ...卒業コンサートも12月に開催させていただける予定です」と報告し、「一つ一つみなさんへ想いを込めて大切に噛み締めたいと思います。乃木坂で巡り会えたことに心から感謝しています。大好きです」とつづっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/25 20:16
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます