「もうお互い傷つきたくない!」彼とケンカをしないように過ごす方法

拡大画像を見る


彼とケンカというと言いたいことをはっきり言うため、すっきりするものの代償として感じるのは言われることにより傷つくということです。できる限りケンカはしたくないと感じる方のために、今回はケンカを避けるコツをご紹介します。


普段からはっきり思っていることを告げる

ケンカの原因は、普段たまっている苛立ちからがほとんどであり、できる限りケンカをすることを控えたいと考えているのであれば、尚更のことです。
普段からきちんと物事をはっきりしていれば、些細なケンカとなってもすぐ解決し、大きなケンカになることはないのです。もちろん、普段のコミュニケーションが大事であり、なるべくならば思ったことを普通に言い合える関係が一番と言えます。


相手に対して言い方を考える

ケンカの原因として挙げられるもう一つは、言い方です。自分自身が苛立ちがあったりするとついついキツい口調で相手に伝えてしまったりと、上手くいかないことも度々あります。
普通に伝えればトラブルにならないことも、そのときの感情の思うままに伝えてしまうことでケンカへとつながってしまうのです。もし、自分自身が機嫌が悪いという自覚があるのであれば何もその日は相手に伝えないことです。思っていることがあるのであれば、気持ちが落ち着いてから話をすることが大切と言えます。


相手の気持ちを考える

このことを告げると相手はどう思うのか?相手の気持ちを考えて行動することで、ケンカはだいぶ軽減できます。彼の性格を熟知している彼女だからこそ、口に出さなくてもわかるものです。
もし傷つきやすい彼なのであれば、伝え方を考えないと心が傷ついたまま修復することはできませんし、一度傷ついた心は直らないのです。大好きな彼女に言われる言葉が、彼にとっては何よりもきつい一言だということを理解し、相手の気持ちを考え、もし自分が言われたらと逆の立場になって行動するといいです。
人間は完璧ではありませんし、すべて気に入らないところを告げるというのは、その人のすべてを否定することにつながりかねないです。一呼吸おいて行動すべきです。


優しく接する

優しく彼に日ごろから接するというのが一番です。優しい女性にケンカの原因が生まれることも少なく、女性側が優しいと自然と男性も優しくなります。双方ともにいいことしかないですし、笑顔で過ごせる時間が増えていきます。
無理な優しさは必要なく、あくまであなたらしいナチュラルな自分の優しさで構いませんから、優しい心は男性にとって幸せになれます。


まとめ

ケンカをしたいカップルなんて存在せず、なかなか上手くいかないと悩む人もいます。どうせ仲良くなるのであれば、幸せな環境化を自ら作ることからスタートすることが大事です。
いつまでも仲良くする秘訣は、彼を大事に思い彼に優しく接すること一択です。あなたの努力が彼にも伝わり素敵カップルになれます。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/25 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます