スマホがPCに変身「これは進化なのか」 スライドするとキーボード出現

拡大画像を見る

フルキーボード搭載のスマートフォン(スマホ)が登場だ。英プラネットコンピューターズは、「Astro Slide」の先行販売を応援購入サービス「Makuake」上で2021年10月25日までに開始した。

物理的なキーボードを備えており、発表では「ポケットに入る小型サイズにも関わらず、スマートフォンと超小型のノートパソコンを一台に集約したデバイス」と説明している。

iPhone 13より大きいディスプレー

一見すると、1990年代に登場した「PDA(携帯情報端末)」を思わせるフォルム。だがもちろん、2021年の最新モデルだ。

5G(第5世代移動通信システム)に対応しており、5Gスマホとしては初めて「バックライト付きフルキーボード」を搭載したという。

ディスプレーを親指などでスライドさせると一定の角度に傾き、背面からキーボードが出現。ノートPCのような姿に変身する。

キーボードはバックライトをオンにすれば光るため、暗闇でもキーを視認可能だ。「英語配列キーボード」のほか、かな入力用のひらがなが印字された「日本語配列キーボード」を備えたモデルも用意。かなが印字されたキーボードの搭載も、5Gスマホでは初めてとのこと。

ディスプレーは6.39インチ。これはiPhone 13(6.1インチ)よりも大きく、iPhone13 Pro Max(6.7インチ)よりは小さいというサイズ感だ。

OS(基本ソフト)は「Android OS 11」。充電や外部機器との接続に使うUSB Type-C端子は2つ備えている。

今なら「早割」価格で買える

2021年10月25日から12月4日まで、応援購入サービス「Makuake」で先行販売を行っている。キーボードの日本語・英語配列は購入時に選べる。日本での販売予定価格は13万円(税込・以下同)とのことだが、Makuakeでは割引価格で出品されている。

「超早割」というコースは30%オフで8万9999円。10月25日18時現在、26人が購入し、「残り24個」となっている。次に安いものだと、22%オフで9万9999円の「早割」コースがあり、こちらは同18時現在「残り250個」だ。また個数制限の表記のない「Makuake特別価格」コースは、10万9999円(15%オフ)だ。

発送は「2022年4月末まで」を予定しているとのこと。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/25 20:10
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます