アッレグリ監督、インテル戦辛くもドローも…「成長のための重要な過程となる」

拡大画像を見る

 ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、リーグ戦について言及した。24日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にセリエA第9節でインテルと対戦したユヴェントスは、試合終盤のFWパウロ・ディバラのゴールで1-1の引き分けに持ち込んだ。試合後のインタビューに応じたアッレグリ監督は、自身が率いるチームについて「前半のパフォーマンスは良かったと思っているが、後半はさらに良くなった」と語った。

 タイトルを争うライバルでもあるインテルについては「技術的にも肉体的にも優れたチームだ」と評価しながらも、「今回のようなパフォーマンスを見せられたことは、我々にとって成長のための重要な過程となるだろう」と語っている。

 今シーズンのセリエA開幕3試合で勝利がなかったユヴェントスだが、これで公式戦9試合連続無敗。この復調についてアッレグリ監督は「開幕3戦で勝ち点9のうち8を落としてしまったため、基礎からやり直す必要があった。それはつまり、組織と強固なディフェンスだ。まずはそこから構築していたため、やがて自信がつけばより攻撃的になるだろう」と言及し、さらなる上位進出へ自信を示した。

関連リンク

  • 10/25 20:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます