プリモシーンの半妹カーペンタリアがC.ルメール騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

 天皇賞デーの東京では今年も芝1800mのメイクデビューが組まれている。昨年の勝ち馬グレートマジシャンは2戦目のセントポーリア賞で連勝を決め、毎日杯2着、ダービー4着と活躍した。今年の出走馬にも注目だ。

【10月30日(土) 東京芝1400m(牝馬)】

◆ルージュヴィーヴル(牝、父ディープブリランテ、母ビリーヴミー、美浦・田中博康厩舎)

 母は仏G1・サンタラリ賞2着など同国の牝馬路線で活躍した。現5歳の半兄エクリリストワールは同厩舎に在籍しており、ダートの中距離で3勝している。10月20日の追い切りはウッドチップコースで年長馬を追走し、4F55.8-1F12.7をマークした。「お兄ちゃんとは違ったタイプで気持ちの強さがある。スピードと軽さもあるし、運動神経が良さそうです」と田中博康調教師。鞍上は戸崎圭太騎手を予定している。

【10月31日(日) 東京芝1800m】

◆カーペンタリア(牝、父ロードカナロア、母モシーン、美浦・岩戸孝樹厩舎)

 母は豪G1を4勝。半姉に重賞3勝(フェアリーS、関屋記念、東京新聞杯)、GI・ヴィクトリアマイル2着のプリモシーンがいる。10月20日の追い切りはウッドチップコースで3歳1勝クラスのテネラメンテを追走し、6F83.9-1F12.1をマークした。「ボリューム感のある馬体で見栄えがするし、この血統らしく素材の良さを感じる。あとは気分屋というか、集中力に欠ける面が課題。そのあたりを改善していければ…」と太田調教助手。鞍上はC.ルメール騎手を予定している。仕上がり具合などの状況次第で翌週の芝1800mに回る可能性もあり、僚馬のティズグロリアス(牝、父ディープインパクト、母ティズトレメンダス)と使い分ける方針だ。

◆アレグロモデラート(牝、父ハーツクライ、母ナスノシベリウス、美浦・武井亮厩舎)

 母は芝で3勝。全姉のナスノシンフォニーはデビュー勝ちを含む3勝を挙げ、GI・ホープフルSでも5着に健闘した。現4歳の半姉ナスノフォルテはダートで2勝。現3歳の半姉アイリッシュムーンは芝で2勝している。10月20日の追い切りはウッドチップコースで3頭併せ。6F84.5-1F12.2の時計で最先着した。「いいスピードがありそうだし、体力も十分。コントロール性もいいし、徐々にギアが上がっていく感じでシンフォニーに似たようなタイプ。初戦から期待しています」と武井亮調教師。鞍上は松山弘平騎手を予定している。

【10月31日(日) 新潟芝1400m】

◆レッドカロス(牡、父イスラボニータ、母ビジュアルショック、美浦・奥村武厩舎)

 半姉のブラックスビーチはスイートピーSを勝ち、オークス(9着)、秋華賞(12着)にも出走した。近親にはアグネスデジタル(日・香のGIを6勝)、シェルゲーム(毎日杯2着)、ジャリスコライト(京成杯の勝ち馬)がいる。「いいスピードがありそうだし、気持ちも前向き。まだ非力で本当に良くなるのは先だと思うけど、いいところがありそう」と奥村武調教師。鞍上は西村淳也騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 10/25 20:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます