「街のお店を応援!最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン」早期終了、11月7日まで

拡大画像を見る

 PayPayは、街のお店を応援する「街のPayPay祭(まちのペイペイまつり)」のうち、「街のお店を応援!最大1,000円相当 20%戻ってくるキャンペーン」について、想定を上回る利用があったため、当初より早い、11月7日に終了すると発表した。もともとは11月28日までだったので、3週間早まった。変更後のキャンペーン期間は2021年9月13日0時~11月7日23時59分。
 

 「最大1,000円相当 20%戻ってくる」キャンペーンでは、PayPay加盟店のうち、キャンペーンポスターなどのある対象加盟店で、PayPayアプリでレジなどに掲出されたコードを読み取り、支払額を入力して決済する「スキャン支払い」を利用すると、1回・期間中合計1000円相当を上限に、決済額の最大20%のPayPayボーナスを付与する。オンライン加盟店は対象外。
 さらに、8月25日~11月7日の対象期間中に初めてPayPayを利用したユーザー、過去6カ月間(2021年3月1日~9月12日)に一度もPayPayを利用していないユーザーには、20%のPayPayボーナスを上乗せして付与するため、最大40%還元となる。対象の支払方法はPayPay残高、ヤフーカード、PayPay後払い(一括のみ)で、ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外。

関連リンク

  • 10/25 19:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます